roboTest C 全自動システム

For Automated Tensile Tests on Metals (Small Series)

roboTest C (コンパクト) ロボット全自動システムでは全自動の金属引張試験を行う事が出来ます。 (例えば ISO 6892, JIS Z 2201, ASTM E8)

ロボット試験システム’roboTest C'

キーアドバンテージと特徴

説明

  • ロボットシステムは300~600 kN の材料試験機に装着可能です。
  • 24本~40本の試験片を試験片マガジンへ置いて試験を行います。
  • 試験片重量5kgまでが一度に試験を行えます。 
  • 必要に応じて手動試験にも対応ー試験片フィードシステムを横へ退けるだけで、手動機へ。
  • 産業用コントローラー と autoEdition2 自動ソフトウェアがシステムを制御します。
  • オプションにてステータスインディケーター及びHOSTコネクションを提供しています。

アドバンテージと特徴

  • オペレーターによる影響(手の温度/湿度、試験片装着時の直線性など)が排除され、再現性の高い試験が可能です。
  • ラボのスタッフ等がルーティーンの作業から解放され、より創造的なジョブに集中出来ます。
  • システムはスタッフの仕事以外の時間(ランチ休憩やナイトシフトなど)でも常に可動出来、試験を止める必要がありません。
  • 全自動化により試験片1本当りの試験コストが削減されるため、1から2で投資が回収できる計算となります。
  • システムは信頼性の高い試験レポートを作成、あるいは統計的な長期試験モニタリング等も行います。

Interesting Customer Projects 

Learn more about how our customers are using robotic testing systems.
トップ