押出しプラストメータ

全てのフロー試験に正しい押出しプラストメータ

メルトフロー試験は、プラスチック溶融マスの流動特性を測定する試験メッソドです。この試験方法は、特に品質管理および材料受入れ検査の分野で特に広く使用されています。押し出しプラストメーターに課せられる要求は、プラスチック業界のどの加工段階が関与しているかによって異なります。

新世代のXflows

押出しプラストメータの概略

  • Cflowは、試験数が多くない、受入れ検査に特に適しています。 
  • Mflowはモジュール式で、重量ペギングデバイスと自動フィールド依存パラメーター化が特徴です。
  • Aflowは、ポリマーのある決められたプレコンパクション、自動フィールド依存パラメーター化、最大80 kgの力での高速残留材料放出、ボタンを押すだけのクリーニングにより、試験シーケンスの信頼性と効率を高めます。

インフォメーションのダウンロード

メルトフロー試験のベーシック原理

ISO 1133およびASTM D1238に準拠した熱可塑性プラスチックのメルトインデックスの決定

押出しプラストメータの必須要素は、精度要件と試験メソッドとともに、国内および国際規格で指定されています。関連する規格は、一般的な方法としてのISO 1133、JIS K 7210、ASTM D1238、PVCの試験のASTM D3364に加えて、スペシフィックな規格に含まれる規定です。

規格毎の試験メソッドの違い

  • メソッド A: メルトマスフローレート (MFR)
  • この方法では、押出物は一定の時間間隔で切断されます。それから質量がスケールで計量されます。試験結果は、単位時間あたりの押し出された質量です。これは通常 g/10 minで表されます。
  • 得られるMFR結果のクオリティーは、切断時間の精度と計量された質量に依存します。MFR値が低い場合は、長いカッティング時間を使用する場合にのみ、手動カットをお勧めします。単一のバレル充填から複数の押出物を測定する場合、またはMFR値が10 g / 10分より大きい場合は、自動押出物カッターの使用をお勧めします。
  • メソッド B: メルトぼゆーむフローレート (MVR)
  • MVRを測定するためには、押し出しプラストメーターには、ピストン変位トランスデューサーが装備されている必要があります。MVR結果は、単位時間あたりの押し出された材料の体積です。cm3/10 minで指定され、単位時間あたりのピストンの移動距離から計算されます。
  • この方法の大きな利点は、機械的な切断が不要なことです。同期した変位-時間測定値により、短い測定時間と短いピストン移動でも、高精度を実現できます。これにより、含まれる材料、精度要件、およびMVR結果に応じて、1つのバレル充填から最大40の個別測定が可能になります。
  • メソッド C ASTM D1238: ダイのハーフ高さ/ハーフボア径での測定
  • 最も一般的に使用されるのは、高さが8.00 mm、ボア径が2.095 mmのダイです。 75 g / 10分を超えるMFR値を測定する場合、規格では、寸法4.00 / 1.050 mmのハーフ高さ/ハーフボア径のダイを推奨しています。 これは、ASTM D1238のメソッドCとして指定されています。
  • メソッド D ASTM D1238: マルチ‐ステージ試験
  • 多くのポリオレフィンでは、さまざまな負荷レベルのMVR値を示し、流量比(FRR)を決定するのが一般的です。
  • これには、単純な押し出しプラストメーターを使用する場合、いくつかの充填物からの測定が必要です。自動荷重変更ユニットを備えた押し出しプラストメーターは、1回の充填から複数の荷重レベルにわたる測定を行えます。
もっと読む 最小限の情報
testXpert III

testXpert III 試験ソフトウェア

材料試験業界のお客様との密な協力関係そして35,000以上のtestXpertのインストールの経験の賜物です。ソフトウェアを開いた瞬間から、testXpert IIIはラボのプロセスに基づいたワークフローベースの構成となっており、試験を最後までガイドします。testXpert III を知って、どれだけ使い勝手が良いか経験してください。
トップ