ページコンテンツへ

testXpert IIエヂュケーションモジュール

testXpert IIエヂュケーションモジュールは、講義、セミナー、インターンシップなどの従来の教育方法を補完する理想的な方法です。材料試験に関心のある学生やその他の人にとって、ツビックローエルエヂュケーションモジュールは、材料試験の基本を学習できるインタラクティブなツールです。testXpert IIエヂュケーションモジュールは、自動学習学習を促進する最新のeラーニングツールです。このモジュールはFlash技術により、Windowsプラットフォーム上で動作が可能です。 

このモジュールは同期されたビデオの形式で材料試験の最も重要な試験タイプを提示することから始まります。材料試験機からの試験データ(力、変位など)と同期したビデオシーケンスが表示されます。十字線の位置はビデオ画像と同期しています。ビデオが再生されている間、発生している事に関する重要な情報がその時点で表示されます。これは学生にテストの視覚的な印象だけでなく、プロセスの説明も提供しています。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:大学・公的研究機関 PDF 4 MB

最初のステップでは、材料試験で最も重要な試験タイプが同期ビデオの形式で提示されます。材料試験機からの試験データ(力、変位など)と同期したビデオシーケンスが表示されます。十字線の位置はビデオ画像と同期しています。ビデオが再生されている間、発生している事に関する重要な情報がその時点で表示されます。これは学生にテストの視覚的な印象だけでなく、プロセスの説明も提供しています。 

2番目のステップでは、短いクイズで試験への理解度をテストします。マルチメディアシーケンスに関する基本的な質問は、再度理解を確認するために行われます。 

オペレーターは、ツビックローエルtestXpert II試験ソフトウェアにアクセスするリンクをクリックして、試験データにアクセスできます。学生は、すべてのtestXpert II機能を使用して、利用可能な試験データを完全に分析することも可能です。自宅で学習するために、testXpert IIからExcelテーブルにすべてのデータをエクスポートできます。講師はデータを変更することもできるため、たとえば、すべての学生に自分で計算を実行させる事も可能です。原則として、これらの強力なtestXpert II機能とオプションはすべて使用できます。 

バーチャル試験機

testXpert IIエヂュケーションモジュールの最も優れた点は、独自のバーチャル試験機(VTM)です。学生はバーチャル試験機を使用して、実際の試験機をシミュレート出来ます。VTMの設定から、ユーザーはさまざまな仮想を選択します。学生はVTMによって自分で試験を実施。 

さらに、VTMに独自の材料を組み込むこともできます。学校は独自のアプリケーションをシミュレートでき、生徒はエヂュケーションモジュールを自分のPCまたはラップトップにインストールした後でこれらの材料を学習することが出来ます。VTMは実際の試験機のように機能します。VTMと教育モジュールを組み合わせることにより、学生は実際のツビックローエル試験機での試験操作方法も身に付けます。 

400以上の世界中の大学がエデュケーションモジュールを使っている事を知っていますか?

例えば、RWTH Aachen University、Oxford University、Tongji University、IIT Matras、MIT Boston

 

ご興味があれば是非ご連絡をください。 

 

コンタクトをお願いします

 

 

Top