ページコンテンツへ

引張試験

引張および引張せん断試験はさまざまな方法で行われます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:複合材料 PDF 7 MB

シングルフィラメントの引張試験

個々のフィラメントの直径はマイクロメートルの範囲内にあります。フィラメントは、まずISO 11566に従って小さな紙のフレームに固定され、次に試験機のクランプ機構にアラインメントを取り、固定されるます。紙フレームを切断した後、特性値は引張荷重の下で測定されます。

フィラメントストランドの引張試験

通常、フィラメントストランドは、まず樹脂でコーティングされ、次に所望の長さに切断されます。厚紙またはプラスチック製のキャップストリップを端部に接着して、試験片に均等に引張力を加えることができるようにします。 マクロ伸び計マルチ伸び計 などの伸び計は伸びの測定に最適なツールです。

ユニダイレクションラミネートの引張試験

一方向性積層体は通常、繊維強度については縦方向に、そして結合強度については横方向に試験されます。試験片は、チャック歯が折れないように端部がキャップストリップで補強されています。ISO, ASTM, EN, AITM, BSS, DIN, SACMA 及び CRAG規格に記載されているこの試験は、伸び測定のクオリティーおよびアラインメント精度に関して厳しく要求されています。

マルチダイレクションラミネートの引張試験

テキスタイル構造のサイズに応じて、多方向積層板は25 mmまたは50 mmの大きな試験片幅で試験されます。 ISO 527-4によると、試験片の厚さは10 mm以下にすることができます。試験片の断面積が大きいため、300 kNを超える非常に大きな引張力が発生する可能性があります。

ひずみの測定にはツビックローエルではひずみゲージ、機械式伸び計 (クリップオン、マクロ伸び計マルチ伸び計) あるいは非接触伸び計 (ビデオ伸び計 HP)等を使用しています。

ノッチ引張試験(オープンホール引張)

この試験は、積層体の引張強度に関して穴の影響を測定しています。結果は通常、ノッチファクタとして表示されます。これは、損傷していない試験片に対する損傷した試験片の比率を示します。 

ボルトラミネートの引張試験(フィルドホール引張)

この試験では、ノッチ引張試験と同じ試験片を使用し、穴はネジ締結で閉じます。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ビデオ伸び計

伸び計
ツビックローエルの非接触のビデオ伸び計はほとんどすべての試験タスクに対応しています。恒温槽内の繊維強化複合材のポアソン比の決定から、金属および高弾性のエラストマーの自動破断位置識別まで、ビデオ伸び計システムは、特別なアプリケーションに最適なオプションを提供しています。
行先 ビデオ伸び計

laserXtens

標点マーク無し、接触無し、最高レベルの精度で測定 - このと特徴はレーザー伸び計のコアです。特許取得済みのレーザー伸び計は、最高レベルの精度で測定し、さまざまな測定の可能性を広げます。大変簡単な操作性、試験片へのマーキングが不要なため、多くの時間をセーブ出来ます。
行先 laserXtens
Top