ページコンテンツへ

ISO 14577の計装化押込み試験

硬さおよびその他の材料パラメータの決定には、計装化された押し込み試験方法が使用されます。試験結果は、試験中の連続的な荷重/押し込み深さ曲線となります。この曲線中のいくつかの点を分析することで、一つの試験で包括的な材料の機械的な特性を決定します。この方法は、熱可塑性フィルムから非常に硬い金属までのすべての硬さグレードをカバーし、材料の挙動の比較可能性を向上させます。 

材料特性

荷重-押し込み深度曲線と荷重プロセスのさまざまなシーケンスにより、次のような機械的材料特性のより包括的な説明が可能になります:

  • 押込みエネルギーの塑性と弾性ポーション
  • マルテンス硬さ HM
  • ボリューム硬さ HMs
  • 押込み硬さ HiT
  • 押込み弾性率 EiT
  • クリープ挙動
  • クリープリラクゼーション挙動

計装化押込み試験のアドバンテージ

  • 全ての材料に適用可。
  • 自動化が可能。
  • 生産検査で使用。
  • 弾性から塑性変形までの硬さの測定。
  • 圧痕深さが≥10μmの場合、試験荷重に依存しない硬さ値。
  • 力/押し込み深度曲線によって提供される材料に関する追加の情報。
  • 機械的材料の動作に関連する追加の特性を決定できます(材料のリラクゼーション/クリープ、押し込みエネルギーの弾性と塑性域、塑性硬さ、押し込み弾性率)。

計装化押込み試験のディスアドバンテージ

  • 圧痕の程度を小さくすると、試験片の表面の品質に対する要求が高まります(くぼみの深さ≥20・平均表面粗さ)。
  • 特に押込みの範囲 h <15 µmで振動の影響を受けやすくなります。
  • 試験サイクル中の力の流れにおける試験片およびコンポーネントの弾性および永久変形によるエラーの可能性。
  • 圧子の形状、特に先端エリアの偏差に対しての感度。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

計装化押込み試験に関連する製品

Top