ページコンテンツへ

ISO 7206-9およびISO7206-13 関節プロテーゼの大腿骨頭のねじり試験

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

ISO7206-9およびISO7206-13に準拠した大腿骨頭のねじり試験の詳細

人工大腿骨ジョイントは圧縮及び捻り荷重両方への耐性がなければなりません。最適な材料と合金を決定するために、これらは特別な試験機で試験されます。

試験システムは、20 kNの材料試験機と500 Nmのねじりドライブで構成されています。

人工股関節(ここでは金属製)を支持ユニット上で回転させ(ねじり荷重)、同時に圧縮荷重を加えます。これは人工股関節に最も適した材料と合金の試験を行います。

  • 通常のin-vivoアプリケーションにおけるトルクに対する股関節頭部の抵抗の特性化
  • 2つのコンポーネント間のより優れたアンカーの開発をサポート
  • 静的圧縮予荷重を加えると;ヘッドが回転するまで横トルクが増加します。
  • 500 Nmトルクモーター付き静的2軸試験機(20 kN)

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top