ページコンテンツへ

ISO 15630-2の溶接マットと格子の試験

溶接布と格子メッシュの機械的特性は、引張試験、曲げ試験、節点せん断試験、および高サイクル疲労試験で決定されます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード

節点せん断試験

補強された溶接布と格子メッシュの溶接継手(節点部)のせん断が試験されます。溶接ファブリックや格子から試験片を切り出し、特殊なグリップによって固定します。この種の試験に使用される試験片掴みグリップは対象物の直径とリブのポジションに正確に合っていなければならず、この精密さによってせん断荷重の影響を排除します。ツビックローエルはこの分野では長い経験を積んでおりご要求に応じた広範囲の冶具を用意しています。

ISO 15630のその他の試験方法

鉄筋コンクリート, ENISO 15630-1, ASTM E488, BS 4449

ISO 15630-1 / ASTM E488 / BS 4449に準拠した鉄筋コンクリートの試験は、引張試験、曲げ試験、曲げ戻し試験、および疲労試験が行われます。
行先 鉄筋コンクリート, ENISO 15630-1, ASTM E488, BS 4449

ISO 15630-3, ASTM A416, ASTM A1061に準拠したスチールストランド

ISO 15630-3およびASTM A416に準拠した静的引張試験では、3、7以上の撚り線のスチールストランドが破断するまで伸ばされます。
行先 ISO 15630-3, ASTM A416, ASTM A1061に準拠したスチールストランド

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top