ページコンテンツへ

メルトマスフローレート (MFR) とメルトボリュームフローレート (MVR)の決定

ISO 1133 、ASTM D1238

押出プラストメータ―はISO 1133-1、ASTM D1238.、あるいはその他類似の規格に沿った充填、非充填プラスチックのメルトインデックス (MFR) と ボリュームインデックス (MVR) 標準特性値を測定します。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

メソッドA、MFR

Cflow押出プラストメーターは、設定温度まで正確に加熱される押出バレル、標準化された直径のダイ、および上端に重量が適用されたピストンで構成されています。

  • 押出バレルには、試験対称の材料が充填されています。
  • ある決まった予熱時間の後、加えられた重りの力によって材料がダイから押し出されます。
  • 押出物は一定の時間間隔で切断され、計量されます。試験結果は、メルトマスフローレート(MFR)であり、10分あたりの押し出された質量から計算されます。
  • この方法は、サンプル量が少ない試験に適しています。

Mflow 押出プラストメータ―のビデオ

  • メルトマスフローレート(MFR)とメルトボリュームフローレート(MVR)測定向けモジュールデザインのMflow押出しプラストメーター
  • Mflowは、最新のタッチディスプレイによるスタンドアロンモードで、あるいはツビックローエル試験ソフトウェアを搭載したPCで操作できます。
  • 試験は以下の規格に準拠して行うことが出来ます:
    • メソッドA及びB ISO 1133
    • メソッドA、BおよびC ASTM D1238
    • ASTM D 3364
    • JIS K 7210
  • オプションでMflowをアップグレードできます、例えばクリーニング機能付きまたは無しの空気式ウエイトリフティングユニットまたはウエイトセレクターの追加など。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

ツビックローエルは、自動変位測定を特徴とし、方法AおよびBの測定に使用できる機器とともに、方法Aの簡単な押出プラストメーターを製造しています。 

Top