ページコンテンツへ

ZHN ナノインデンターのアクセサリー

試験片グリップと試験片ヒーター

ZHNユニバーサルナノメカニカルテスターは、材料とコーティングシステムの硬度とヤング率を測定するために設計されています。ツビックローエルは幅広いアプリケーションレンジに対応した様々なアクセサリーを用意しています。

    高温ナノインデンテーションの400℃までの試験片ヒーター

    試験片ヒーターは、標準試験片ホルダーに取り付けることができます。パッシブクーリングを使用し、水の供給を必要としません。これにより、横力の影響なしに、横力の測定とスクラッチ試験が可能になります。

    2つのヒーティング回路が使用。加熱プレートは試験片の下にあり、加熱シリンダーは試験片の上のカバーにあります。端に圧子の先端が付いている拡張されたMacorロッドがカバーに達し、試験片の上の圧縮空気の体積とともに加熱されます。PT100温度センサーが、ヒーティングエレメントに組み込まれています。

    トップのカバーは試験後に外すことが出来ます。位置決め精度を損なわないように、長距離レンズを用いて試験片表面の目視でのチェックが可能です。試験片と加熱プレートを下からストッパーに押し付けます。試験片を固定するために接着は必要ありません。

    ZHN ナノインデンター用測定ボディー

    ZHNユニバーサルナノメカニカル試験機では、2つの測定ヘッドが垂直(ナノインデンター原理)と横方向(スクラッチテスターの原理)の方向に組み合わされ、ナノメートルの分解能で互いに完全に独立して動作します。横方向の力-変位曲線を初めて測定できるようになり、以前よりも多くの材料パラメーターを取得できるようになりました(典型的なアプリケーションを参照)。これには、試験片の横方向の剛性と純粋に弾性的な横方向の変形の測定が含まれます。

    他のメーカーの装置とは対照的に、両方の測定ヘッドは引張り方向と圧縮方向の両方で動作するため、振動を重ね合わせた押し込み試験や、繰り返し疲労試験が可能です。

    ノーマルフォースユニット(NFU)

    • ダブルリーフスプリングシステムにより、垂直方向の動きと横方向に高い剛性
    • 堅牢な作り
    • 過負荷の際の誘導センサーストップがないため、ダメージはありません
    • シャフトは、測定範囲を離れることなく、より重い重量に耐えることができます。あらゆる種類のユーザー固有のサンプルを簡単に使用できます。

    ラテラルフォースユニット (LFU)

    • 垂直に配置された板ばねの真ん中にある試験片をグリップ
    • 通常方向に十分な剛性がある場合、試験片の位置を垂直に変更することなく、横方向に簡単に移動できます
    • 荷重測定から切り離された負荷
    • 横方向の移動無く横方向の負荷と測定

    テクニカルオーバービュー

    モジュール光学

    測定方法の数を増やし、ZHNをAFMなどのさまざまな光学システムと組み合わせることができます。

    様々な光学オプション

    標準として、タンデム顕微鏡と50倍レンズはZHNの供給範囲に含まれています。延長された作動距離を備えた50倍レンズはオプションとして利用できます。さらに、セカンドレンズとして5倍レンズまたは白色光干渉計を組み込むオプションがあります。

    ナノインデンテーションと原子間力顕微鏡(AFM)を1つのシステムに組み合わせて、包括的な(半)自動分析を実現できます。最初のステップとして、原子間力顕微鏡は表面粗さを測定します; これは、最小インデントの深さを定義するのに役立ちます。次に、試験片をナノインデンターの下に配置して、同じ場所で機械分析を実行できるようにします。最後のステップでは、この場所をAFMの下に戻して、材料の”パイルアップ”や”シンクイン”やインデント周辺のクラックなどの応力によって誘発される特性を決定します。これらは、硬度とヤング率で得られる値に影響を与える可能性があります。

    光学のアドバンテージ

    • 50X対物レンズ - オプティカルパスは、ビームスプリッターと中間レンズを介して2台のカメラに向けられています
    • オプティカルイメージ範囲内で可能な事は

      • 測定ポイントの定義
      • 距離と周囲の測定
      • ボタンを押すだけで現在の測定ポイントをリビューし表示
      • 光とイメージパラメーターの制御
      • スケールと記録時間の表示
    • レンズ交換をせずに、高い位置決め精度と倍率間の迅速な切り替えが可能
    • ガラスなどの低反射面でも高品質なイメージ取得が可能
    • オートフォーカス機能により、シャープな画像に適した高さを確立
    • 測定ポイントの画像の自動生成(プログラム可能)
    • オーバービューイメージは大きな深度フィールドでの個々の画像も構成

    ダウンロード

    名前 タイプ サイズ ダウンロード
    • プロダクトインフォメーション:ZHN – ユニバーサルナノメカニカル試験システム PDF 2 MB
    • プロダクトインフォメーション:ZHN ナノインデンター用試験片グリップ PDF 361 KB

    ZHN ナノインデンターへ戻る

    ZHN ナノインデンター

    ZHNユナノインデンターは極薄いレイヤーや極小の表面を必要な荷重と十分なトラベル分解能で機械的な特性値を測定します。これにはISO 14577に沿った押込み硬さ、弾性率、マルテンス硬さの測定が含まれます(計装化押込み試験)。
    行先 ZHN ナノインデンター
    Top