ページコンテンツへ

摩擦係数の測定

TAPPI T 549

試験の目的

  • 紙とペーパーコンパウンドの摩擦(摩擦係数)は、材料を自動化されたシステムの中でさらにプロセスを行うために重要な値です。摩擦係数は、”紙と紙”または”他の材料と紙”に対して測定されます。
  • 摩擦係数の測定では、静的および動的摩擦などの特性がTAPPI T 549に従って決定されます。
  • ツビックローエルでは両方の特性を測定する摩擦試験用治具とプログラムを提供しています。このソリューションによってユーザーに信頼できる値が提供され、包装や印刷の問題に対する解決策を見つける一助となっています。

ツビックローエルの摩擦係数の測定

  •  水平面メソッド:静的及び動的摩擦はスレッド(そり)を使用して測定されます。素早く試験片をグリップするTAPPIに準拠した摩擦治具。
  • ストリップ法:2つのストリップ材料が、互いに押し付けられたローラー上で反対方向に引かれます。このメソッドのアドバンテージ:まだ接触していない面のみが試験の対象です。
  • ツビックローエル試験ソフトウェアは、静的および動的摩擦、ピーク値、ピークの上限と下限の平均などの摩擦特性を決定します。1回のオペレーションで、ユーザーは材料のさらなるプロセス行うために必要な試験結果を取得する事ができます。

TAPPI T 549に準拠した水平面方の試験が最もよく行われる試験です。ISOメソッドは、試験手順全体(スレッドのセットアップと移動)が部分的に自動化されているため、かなり複雑です。段ボールの試験に関する調査では、ISOとTAPPIの値が一致することが示されています。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top