ページコンテンツへ

木材の試験

建築材料および持続可能な原材料として使用される木材は、生態学および経済効率の点で多くの利点があります。建築材料としての木材の機械的利点にも着目する必要があります。木材の微細構造により、低い風袋重量と非常に高い耐荷重が確保されます。自重に基づくと、木材は鋼の14倍に耐えることができます; その圧縮強度は鉄筋コンクリートの圧縮強度に相当します。木材は非常に引張りと弾性があり、地震地帯の建築材料での使用に最適です。ツビックローエルは、万能試験機を使用して、木材の機械的特性(引張強さ、曲げ強さ、せん断強さ)を試験するためのさまざまな標準試験ソリューションを提供しています。試験機は会社規格に応じた個別の試験(例えば、引抜き試験など)にも対応可能です。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:建築資材 PDF 2 MB

引張試験

ツビックローエルは、標準試験とカスタマイズされた試験の両方で、木材試験に多くのソリューションを提供しています。

  • EN 311:木材表面の健全性の決定
  • ASTM D1037 及びEN 320:チップボードとファイバーボード-軸に平行なねじ引き抜き抵抗の決定
  • EN 160:ボード表面に垂直な引張強さの決定

曲げ試験

持続可能な原材料として、木材は現在、建築資材として建設業界での使用が増加しています。特に、その曲げ特性は、DIN 52186に準拠した3点曲げ試験によってチェックされます。

ツビックローエルは、建設用木材を試験するための4点曲げ試験治具も提供できます。これは、高い荷重(600 kNまで)を受ける大きな試験片に特に最適です。

建設用木材の4点曲げ試験

関連する製品

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top