ページコンテンツへ

パンクチャ―試験

DIN 53142-2

パンクチャ―試験では、段ボールを穿孔するために必要なエネルギーを測定します。DIN 53142-2のパンクチャー試験では、ピラミッド形状の穿孔ヘッドにより、材料がすべての空間方向に負荷を受けます。このプロセス中に、引張力、圧縮力、曲げ力、およびせん断力が発生します。この試験で得られる結果は、材料を穿孔する際に吸収されるエネルギーです。この試験は材料試験機で行います。

ツビックローエルのパンクチャー試験

  • 材料試験機で得られた結果は、一般的に使用される振り子衝撃試験機からの結果よりも大幅にばらつきが少なくなります。振り子衝撃試験機との相関は、ドイツのダンボール研究試験所(wfp)と共同で評価を行い5%(標準偏差)となっています。
  • 振り子式衝撃試験機(DIN 53142-1)に勝る材料試験機の他の利点には、重量の変化がないこと、ゆがむ振動がないこと、保持カラーをいじる必要がないことなどがあります; 力と変位を電子的に記録し、測定範囲が大きく拡大されています。
  • 理論的には、坪量80 g /m²の紙から厚さ17 mmの頑丈な段ボールまでの材料と約40ジュールまで、治具の段取り替えをせずに試験を行えます。
  • さらなる利点として、試験後にマシンがピラミッドヘッドをボードから自動で引き戻してくれる事です。振り子式衝撃試験機で必要とされるカラーは要りません。
  • これらすべての要因により、試験機の方がより簡単で安全となり、信頼性の高いオプションと言えます。

段ボールのリニアパンクチャー試験

DIN 53142-2に準拠した段ボールのリニアパンクチャ―試験 (LPET)

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top