ページコンテンツへ

段ボールミディアム試験(CMT)

DIN EN ISO 7263-1/-2, TAPPI T 809

試験の説明:

  • 形成されたメディアムの片面は、バッキングストリップに接着され、圧縮荷重を受けます。
  • 最大荷重が、後処理操作(パンチング、印刷)中の多層段ボールの挙動を決定します。
  • 試験中は試験片への負荷が正確に垂直であることが重要です。
  • このメソッドのディスアドバンテージ:AフルートとBフルートのみが試験されます。したがって、他のタイプのフルーティングの挙動は、耐破砕性を得るために計算によって決定する必要があります。

ツビックローエルの段ボールミディアム試験(CMT)

  • 試験片の作成には時間がかかり、高度なスキルが必要です。したがって、ツビックローエルのフルーターでは”第三の手”が完備されており、迅速かつ簡単に試験片の準備を行う事ができます。
  • 圧縮プレートは、リングクラッシュ試験(RCT)、フラットクラッシュ試験(FCT)、エッジクラッシュ試験(ECT)、および段ボール媒体試験(CMT)に適しています。
  • 精密ガイド式圧縮プレートは非常に高い横方向の剛性を担保し、再現性のある試験結果を保証します。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top