ページコンテンツへ

ショートスパン圧縮試験 (SCT)

ISO 9895, EN 54518 および TAPPI T 826

ショートスパン圧縮試験では紙の圧縮強度はISO 9895, DIN 54518、TAPPI T 826に準拠して決定されます。

試験の目的

  • ショートスパン圧縮試験 (SCT)では、圧縮モードにおける紙の圧縮強度が測定されます。
  • 試験では非常に短い長さの紙(0.7 mm)のみが使用されるため、従来の試験方法(リングクラッシュテスト、コルゲートクラッシュテスト、またはリニアクラッシュテスト)の場合よりも、材料のファイバー部へかかる負荷により焦点があたります。
  • 耐圧縮性の測定は、リングクラッシュ試験.の代替として確立されました。

ツビックローエルのショートスパン圧縮試験(SCT)

  • 非常に高剛性の試験アレンジによって、試験片に対するマシーンの影響を最小限に抑えます。
  • 試験片とロードセルは同じ軸に配置され、結果を歪める可能性のある曲げモーメントを排除します。
  • 理想的な平行性を持った試験片の作成は、ツビックローエルのストリップカッターで実現可能です。

ビデオ:DIN 54518/ISO 9895 に準拠したショートスパン圧縮試験

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top