ページコンテンツへ

S字形(S-Test)でグリップされた試験片に対してショートスパン圧縮強度

DIN 5014 (ドラフト)

DIN 5014試験の目的

DIN 5014に準拠した段ボール媒体のショートスパン圧縮強度の決定

S-testは、S字型にグリップされた試験片の圧縮強度を測定します。この方法は、段ボール媒体の試験を行うために開発されました。
S字形にグリップされた試験片の圧縮強度は、SCTと同じ方法で測定され、紙面に平行に試験片が耐えることができる最大圧縮力を測定します。したがって、試験は文字”S”の形の試験ストリップの2倍曲げ荷重となります。

ツビックローエルのS字形(S-Test)でグリップされた試験片に対してショートスパン圧縮強度

  • 試験片は、シート面から1 mmオフセットして、2つのクランプの間に固定されます。それから圧縮荷重をシート面に平行にかけていきます。これにより、4mmの試験長さで2倍の曲げ荷重が発生します。 最大荷重では、構造の破損がバックリングの形で発生します
  • 精密な垂直および水平ガイダンスを特徴とするペアのチャック歯
  • グリップ力は空圧で行います。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top