スタンダードな試験にProLine

ProLine材料試験機はルーティーンの材料試験及び部材の機能評価試験に最適な装置です。ツビックローエルの直感的な試験ソフトウェアと組み合わせて、ProLine材料試験機は迅速で簡単な操作で試験が実行できます。全ての試験プログラムが使えます。ProLineのメカニカルパーツ、エレクトロ二クス、ソフトウェア、そして対応するアクセサリー類まで全てをここツビックローエルのドイツ工場で一貫してシームレスに開発・製造が行われています。
ProLine 50kN Makro 伸び計とくさびグリップ

アプリケーションの紹介

ProLineは特に、材料とコンポーネントの標準化された試験を対象としており、マシンの操作を特にシンプルでコンパクトにしています。

コンポーネントの標準試験は様々です:例えば、電子部品業界でのプラグやスプリングのコンタクト試験では精密にエンジニアリングされた部材の’つなぎ’や’押す’プロセスの評価、あるいは巻き軸やパイプの一部のリング剛性を評価したりしています。

包装、食品の分野では、プラスチック容器やダンボールの試験、フタの開閉試験、フタの引抜き試験、フィルムやホースの引裂き進展や粘弾性試験など行っています。

キーアドバンテージと特徴

EC機械指令に適った安全性

ツビックの製造する全てのマシーン・システムはEC機械指令、法令に適った安全性に準拠しています。IEC60947等の最高の安全性と規格に適った最も高い安全テクノロジー及び証明された産業用コンポーネントが使われています。ユーザーや試験システムに対して最も高い安全性が担保されています。

パワフルな駆動

  • 高いスピードコントロールの安定性に加え、極めて低速のスピードも設定出来ます。高精度なクロスヘッド変位分解能で駆動出来ます。特に精緻な変位を要求される部材評価試験や高剛性で且つ伸び量の極めて少ない試験片での試験などには重要となります。
  • 幅広い試験スピードレンジが制限無く使用できます。加えて、重たい試験冶具やアクセサリー類を補うためにフレームの定格荷重の110%まで許容されています。
  • クロスヘッドの戻り速度が早いため、試験の時間縮小により、より効率的な試験を行う事が出来ます。モーターはメンテナンスフリーのACテクノロジーを採用しました。

高剛性で精緻なクロスヘッド駆動

ツインコラムによりProLineのクロスヘッドの昇降は精緻に駆動されています。高剛性のフレーム構造と面広のコネクション・サーフェイスにより負荷時のクロスヘッドのたわみを最低限にし、高精度のアラインメント性と試験片に加わる正確な力を保っています。この高剛性のフレームは曲げ試験、圧縮試験、部材の精密な試験...その他多くの試験において利点があります。

試験システム全般にわたる安全性

非常停止ボタンを含めた2チャンネル安全回路、クロスヘッドのリミットスイッチ、インターリンクアクセサリー、ドライブOFFスイッチとモーターブレーキファンクション等セットアップ時の安全性を担保しています。CEに準拠したインターロックの安全デバイスにより、マシーン駆動時の手出しは不可能な構造となっています。

ツビックローエルだけのソリューション:Xforceロードセル

特許取得済みXForce ロードセルはツビックで開発、製造され、突出した精度とあらゆる影響に対しての高い抗性も持っています。温度や横荷重のような影響に対して大変強いため試験結果へのそれらの影響を最大限軽減しています。Xforce ロードセルは大変頑強な構造から製作されており、圧縮や曲げ試験中に発生する横荷重の影響が軽微なのが特徴です。

機械的なモジュール方式

機械的なモジュール方式を採用しているため、様々なツビックの冶具、チャック、さらにはカスタムメードのデバイスによってシステムの拡張が可能となっています。多彩なクロスヘッドマウントオプションとともに、調整自在なプレイフリープラグ、Tスロットシステムがその拡張性を高めています。試験片チャック及び試験治具を必要に応じ 取り替える事が出来るようになっており、一台の装置で様々な試験を行なう事が可能です。

短納期対応

ProLine試験機の納期は大変短く‐ 出荷まで約2週間 ‐ 貴重な時間をロスせずに試験を素早く開始できます。

ツビックローエルビックエンジニアリングーメイドインドイツ

全てのメカニカル、エレクトロ二クス、冶具類及びソフトウェアを含め材料試験機の開発と製造はツビックローエルドイツの工場で行われており、全てにおいて考え抜かれた完成品を提供しています。1つ1つの試験機はもっとも高い品質管理の下、製造されており最高のサポートを可能にしています。

万能試験機ProLine

Univrsal testing machine ProLine

ProLine Tensile Test on Elastomers with very high elongation

テクニカルオーバービュー

一般

  • ProLineは、タイプによって、0.0005~1500 mm/minのスピードでテストが行えます。試験機の試験速度は試験力に依存しません。
  • 幅広い試験スピードレンジが制限無く使用できます。加えて、重たい試験冶具やアクセサリー類を補うためにフレームの定格荷重の110%まで許容されています。
  • ProLineは荷重で100 kNまで、試験-エリアの高さは1050 mm~1450 mmの試験に対応しています。
  • ProLineは市販のPCで、特段の拡張カード等を利用せず操作可能です。

5 kN - 20 kN

Z005, Z010, Z020

タイプ

Z005 TN

Z010 TN

Z010 TH[1]

Z020 TN

アイテムナンバー

059008

059010

059011

059012

試験力 Fmax

5

10

10

20

kN

試験エリア

高さ (寸法 P)

1070[2]

1050[2]

1450[2]

1050[2]

mm

高さ、ムービングクロスヘッドの移動量

1000[2]

980[2]

1380[2]

980[2]

mm

440

440

440

440

mm

ロードフレーム

寸法

レベリングエレメント装着時の高さ

1340 ...1345

1340 ...1345

1740 ...1745

1340 ...1345

mm

770

770

770

770

mm

制御装置を含めた幅

917

917

917

917

mm

制御装置を含めた奥行き

439

439

439

439

mm

重量

制御装置含む、約

110

135

150

135

kg

コネクション、スタッド

Ø 20

Ø 20

Ø 20

Ø 36

mm

装置前方1mの距離で測定された vmax 時の平均ノイズレベル

59

57

57

58

dB(A)

ドライブシステム

クロスヘッド速度 vmin ... vmax

0.0005 ...1500

0.0005 ...1000

0.0005 ...1000

0.0005 ...500

mm/min

クロスヘッド戻り速度、最大

2000

1500

1500

750

mm/min

設定ドライブスピードとのデビエーション、max

0.05

0.05

0.05

0.05

% of vact

ドライブトラベル分解能

0.0348

0.0232

0.0232

0.0115

μm

インプット電源仕様

電源供給

230

230

230

230

V, (1Ph/N/PE)

消費電力(フル荷重)、約

800

800

800

800

VA

  1. ProLine Z010 TH では、クロスヘッドにマウントするチャック及びツールの最大重量は20kgとなります。
  1. アクセサリー無し時の下部試験エリア高さ

Z005, Z010, Z020

タイプ

Z005 TN

Z010 TN

Z010 TH[1]

Z020 TN

アイテムナンバー

059008

059010

059011

059012

試験力 Fmax

5

10

10

20

kN

試験エリア

高さ (寸法 P)

1070[2]

1050[2]

1450[2]

1050[2]

mm

高さ、ムービングクロスヘッドの移動量

1000[2]

980[2]

1380[2]

980[2]

mm

440

440

440

440

mm

ロードフレーム

寸法

レベリングエレメント装着時の高さ

1340 ...1345

1340 ...1345

1740 ...1745

1340 ...1345

mm

770

770

770

770

mm

制御装置を含めた幅

917

917

917

917

mm

制御装置を含めた奥行き

439

439

439

439

mm

重量

制御装置含む、約

110

135

150

135

kg

コネクション、スタッド

Ø 20

Ø 20

Ø 20

Ø 36

mm

装置前方1mの距離で測定された vmax 時の平均ノイズレベル

59

57

57

58

dB(A)

ドライブシステム

クロスヘッド速度 vmin ... vmax

0.0005 ...1500

0.0005 ...1000

0.0005 ...1000

0.0005 ...500

mm/min

クロスヘッド戻り速度、最大

2000

1500

1500

750

mm/min

設定ドライブスピードとのデビエーション、max

0.05

0.05

0.05

0.05

% of vact

ドライブトラベル分解能

0.0348

0.0232

0.0232

0.0115

μm

インプット電源仕様

電源供給

230

230

230

230

V, (1Ph/N/PE)

消費電力(フル荷重)、約

800

800

800

800

VA

  1. ProLine Z010 TH では、クロスヘッドにマウントするチャック及びツールの最大重量は20kgとなります。
  1. アクセサリー無し時の下部試験エリア高さ

30 kN - 100 kN

Z030, Z050, Z100

タイプ

Z030 TN

Z050 TN

Z100 TN

アイテムナンバー

059013

059021

1025089

試験力 Fmax

30

50

100

kN

試験エリア

高さ (寸法 P)

1370[1]

1370[1]

1360[1]

mm

高さ、ムービングクロスヘッドの移動量

1285[1]

1285[1]

1275[1]

mm

440

440

640

mm

ロードフレーム

寸法

レベリングエレメント装着時の高さ

1743 ...1748

1743 ...1748

1829 ...1834

mm

850

850

1070

mm

制御装置を含めた幅

1000

1000

1205

mm

制御装置を含めた奥行き

462

462

645

mm

重量

制御装置含む、約

330

330

530

kg

コネクション、スタッド

Ø 36

Ø 36

Ø 60

mm

装置前方1mの距離で測定された vmax 時の平均ノイズレベル

68

69

60

dB(A)

ドライブシステム

クロスヘッド速度 vmin ... vmax

0.0005 ...300

0.0005 ...600

0.0005 ...300

mm/min

クロスヘッド戻り速度、最大

500

800

400

mm/min

設定ドライブスピードとのデビエーション、max

0.05

0.05

0.05

% of vact

ドライブトラベル分解能

0.0076

0.0122

0.0123

μm

インプット電源仕様

電源供給

230

230

230

V, (1Ph/N/PE)

消費電力(フル荷重)、約

800

1600

1600

VA

  1. アクセサリー無し時の下部試験エリア高さ

For testing of PET containers KOSME relies on ZwickRoell

KOSME Gesellschaft mbH is a highly successful, globally recognized company specializing in the development, design and manufacturing of stretch blow molding machines and molds for the production of PET containers. Data on the compressive strength of different PET containers is of great significance. At its location in Sollenau, Austria KOSME performs these resistance determination tests according to DIN 55526.
PET コンテナ―試験
トップ