ページコンテンツへ

伝統に基づくイノベーション

ツビックローエルグループの会社の歴史は160年以上前に遡ります。材料試験の業界における幅広いイノベーションは、19世紀半ば以来のAmsler社、 Mohr&Federhaff社、Roell社そしてZwick社から受け継がれて来ています。

1850s

1854年 アムスラー社設立

  • 1854年、ヤコブアムスラー - ラフォンはスイスにアムスラー社を設立しました。
  • 数学者および物理学者であるアムスラー氏は、平面計積分器を発明したことで知られています。
  • 1880年代には、彼は油圧試験機を開発しました。
  • 1982年にアムスラー社はローエル社に買収されました。

1870年代

MFLが最初の試験機を開発

  • 1870年代、Mannheim Machine Factory (MFL)によって最初の試験機が開発されました。
  • その後数年間で、同社は引張試験機振り子衝撃試験機、およびねじり試験機を開発し、モール&フェーダーハフとして世界的に知られるようになります。
  • 同社は1986年にローエル社によって買収されました。

1880年代

1920年代

1920年 ローエル社設立

  • ポールローエルアルフレッドコータウスが1921年に同社を設立。
  • 1921年にコータウス氏が退職した後、ポールローエルがは同社をエンジニアリングとして単独で経営。
  • 試験機を開発、ヨーロッパ全土で販売されています。
  • 1952年、ポール・ローエルの息子であるワーナー・ポール・ローエルが後継者となり、1989年に息子のヤン・ステファン・ローエルに会社の経営を引き継ぎました。

1925年シートメタル試験機R1

  • 1920年代に、ポールローエルが手動シートメタル試験機タイプR1を開発。
  • この装置のメインのアドバンテージは頑強なオペレーションと油圧の機能にありました。

1930s

1935年 ローエル社設立

  • フランツツビックが1935年にウルム市アインジンゲンに同社を設立。
  • 数年後、エンジニアのマックススパッツが入社し、さまざまな試験機のポートフォリオを開発しました。一方、同社は、息子で創設者のアロイスとバーンハードツビックによって運営されています。

1950年代

1970年代

1990年代

1992年 

  • ツビック社とローエル社の合併
    1992年、ツビック社とローエル社が合併しツビックローエルAGとなりました。Dr. Jan Stefan Roellがチーフエグゼクティブオフィサーへ就任。

  • ツビック社での最初のtestXpo
    1992年、最初のtestXpoがウルム、ツビック社で開催され、15の展示物、4つの技術的なプレゼンテーションと約200名のビジター。25年後、testXpoは材料試験や品質管理のでは最も重要なイベントの1つとなっています。比較として、2016年には、25社から約250の展示物が紹介されています。世界中から約2,000名のビジターが来訪しています。

ツビックローエルの現在

今日、ツビックローエルグループの顧客は、160年以上にわたる材料および部品の試験における経験から恩恵を受けています。ツビックローエルは静的な材料試験の分野ではグローバルリーダーであり、疲労試験分野でも顕著な成長を続けています。データ:ツビックローエルは2019年度には236百万ユーロの受注実績を獲得いたしました。1,600名以上の従業員数、生産拠点ではドイツ(ウルム、ビッケンバッハ)、英国(スタウアブリッジ)、オーストリア(フュルステンフェルト)、中国(太倉)がツビックローエルグループです。またフランス、イギリス、スペイン、アメリカ、メキシコ、ブラジル、シンガポール、そして中国に子会社を持ち、世界56カ国に拠点を置いています。

Top