ページコンテンツへ

スプリング試験

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:自動車 PDF 4 MB

マルチチャネルスプリング試験用スプリング試験機

マルチチャネル測定プラットフォームによって圧縮コイルスプリング(バルブスプリングあるいはマックファーソンストラットに使用)の力のベクトルを測定します。標準タイプでは6あるいは9の荷重測定プラットフォームを搭載しています。これによりスプリングに圧縮荷重をかけた際に発生するスプリングの交点、荷重を測定しています。これらの特性値は以下の品質上の特性にとって重要です:摩擦、磨耗、そしてサービスライフ。

空圧スプリング試験用スプリング試験機

空圧スプリング試験用スプリング試験機 - 異なる温度下での試験

このスプリング試験機では、空気スプリングの温度環境下での弾性及び疲労特性を測定します。油圧の静的なシリンダーを搭載した油圧サーボ試験機を基本的に使用します。T溝にアタッチ可能な特殊な圧縮ユニットによって様々な形状、サイズの空気スプリングの試験を行えます。また、この冶具は2つのトランスデューサーが付いており、空気スプリングの径の測定を行います。冶具はモバイル恒温槽内に設置され高温下でも使用でき、-80℃~250℃までの温度レンジで使用可能です。

EN 13597に適った空気スプリングのマルチ軸荷重

このスプリング試験機は空圧スプリングの品質保証、研究開発の分野で使われています。Fmax 250 kNのフロアタイプの装置を使用します。追加のエレクトロメカニカルドライブFmax 50 kNを水平方向に装着、5つのロードセル(3は縦方向、2つは横方向)で多軸の荷重測定を行っています。空気スプリングの縦横の剛性評価を縦方向、横方向、あるいは両方同時に荷重をかけ測定し、以下の測定チャネルはそれぞれ個別に制御可能です:

  • 縦方向の荷重及び変位
  • 水平方向の荷重及び変位
  • 空気、液体の内圧

試験体の装着を簡単にするために、スプリング試験機には試験体を試験に押込むために使用される負荷テーブルを設けています。

ストラット用マルチ軸試験用スプリング試験機

このスプリング試験システムは油圧のショックアブソーバーのダンピング特性を3つの試験軸を用いて測定します。試験機の軸によって縦方向の荷重(ホイール荷重)を加えます。カーブ走行時、アプローチ時、ブレーキをかけた時などに発生する水平方向の荷重や捻りモーメントなどは横置きされたアクチュエーターと捻りドライブで発生させます。それぞれの試験軸は別々に制御されています。様々な軸のスピードと横荷重やトルクの有無で必要な特性値を求める事が出来ます。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top