ページコンテンツへ

油圧サーボ式ロードフレーム

ダウンロード
試験荷重
  • 10 kN - 25 kN (HC)
  • 50 kN - 500 kN (HA)
  • 50 kN - 2,500 kN (HB)
試験タイプ
  • 疲労
  • 破壊力学
  • LCF
規格
  • ISO 12106
  • ASTM E606
  • DIN 50100
  • ASTM E399
  • ASTM E647
  • ASTM E466

油圧サーボ式ロードフレーム

ツビックローエルの油圧サーボ試験機のロードフレームは、特定の疲労試験要件に合わせて特別に設計されており、特にその高いフレーム剛性に反映されています。これらは、S-N 試験 (高サイクル疲労試験)、LCF 試験 (低サイクル疲労)、破壊力学試験など、振動荷重下での材料特性値を決定するために使用されます。

試験要件と日常の試験における人間工学に基づいた作業条件の必要性に応じて、試験用アクチュエータ試験領域の上または下のいずれかに取り付けられます。

油圧サーボロードフレームには別の油圧パワーパックが必要です。ツビックローエルは、さまざまな出力レベルの油圧パワーパックを提供しており、油圧サーボロードフレームを特定の顧客の要件に適合させることができます。

HCシリーズ25 kNまで HAシリーズ500 kNまで HBシリーズ2,500 kNまで

HCシリーズ25 kNまで

HA および HB シリーズのロード フレームは床置き型で、最適な動作高さで機器を組み立てることができますが、HC シリーズの油圧サーボ式ロード フレームは 10 kN と 25 kN の両方とも卓上モデルです。

適合するコンクリートベースにより、人間工学に基づいた作業高さが保証されます。

サーボ油圧式HCテーブルトップロードフレームでは、試験用アクチュエータが試験エリアの上に配置されています。試験エリアのハードクロムメッキされたTスロットプラットフォームと試験フレームの柱は、腐食性媒体下での試験に適しています。

オプションの油圧調整により、上部クロスヘッドの位置決めが容易になります。

HAシリーズ 500 kNまで

HA シリーズ 油圧サーボロードフレームには、標準バージョン (Fmax) 50 kN、100 kN、250 kN、および 500 kN が用意されています。

試験アクチュエータが下部クロスヘッドに取り付けられた HA シリーズは、周期的荷重下での材料特性の測定に使用される典型的な油圧サーボ試験機を表します。恒温槽高温炉の使用が必要な試験に特に適しています。

上部クロスヘッドは調整可能で、オプションの油圧クロスヘッドクランプとリフトシリンダーを使用できます。試験用アクチュエータストロークは100mmまたは250mmです。 油圧サーボ試験機は、210 bar または 280 bar のシステム圧力に対応できます。

HBシリーズ 2,500 kNまで

HBシリーズ 油圧サーボロードフレームは、標準バージョン (Fmax) 50 kN、100 kN、250 kN、500 kN、1,000 kN、および 2,500 kN で利用できます。

HBシリーズでは、試験用アクチュエータが試験エリアの上に配置されています。これらのマシンは特に多用途です。統合されたTスロットプラットフォームを備えたバージョンでは、標準的な高サイクル疲労試験に加えて、曲げ試験やコンポーネント試験を実行できます。ロードセルは、用途に応じて、下部クロスヘッドに取り付けることも、ピストンロッドに直接取り付けることもできます。

油圧グリップ、圧縮プラテン、曲げ試験キットなどを含む幅広いアクセサリでシステムが完成します。

利点と特徴

利点と特徴

クローズドフォースディストリビューション
ロードフレームの剛性
アラインメント精度
クロスヘッド調整
リモートコントロール
オペレーターの保護

クローズドフォースディストリビューション

2列のロードフレームは、振動する運転条件下で材料およびコンポーネントの試験のために、力がシステム内で均等に分散されるように設計されています。フレームは防振レベリング要素の上に立っています。

ロードフレームの剛性

試験フレームは非常に高い軸方向および横方向の剛性を持ち、その結果として自然共振を生じます。試験片に不要な曲げ応力がかからないように、ロードフレームは正確に調整されています。

高い剛性により、高周波数および試験片の変形をサポートします。さらに、圧縮試験や曲げ試験中に発生する可能性のある高い横方向の力も問題なく吸収できます。

アラインメント精度

油圧サーボ式ロードフレームは高精度で整列されています。試験アクチュエータとロードセルの設置後、アライメント精度は1メートルの距離で±0.1 mmです。350 mm未満の距離では、オフセットは一定の0.05 mmです。取り付け面の平行度は100 mmあたり0.03 mm以下です。

すべての治具およびロードセルは、センタリングゲージ付きフランジを介して取り付けられています。

クロスヘッド調整

アッパークロスヘッドの位置決めを容易にする油圧クランプと調整

リモートコントロール

試験全体は、自動伸び計と試験片グリップのセットアップおよび制御を含め、ディスプレイ付きのリモートコントロールユニットにより実行されます。

オペレーターの保護

アプリケーションに関わらず、CE機械指令に準拠したオプションの安全ハウジングを提供しています。

テクニカルオーバービュー

HA シリーズHB シリーズHC シリーズ
HA シリーズ油圧サーボロードフレームHB シリーズ油圧サーボロードフレームHC シリーズ油圧サーボロードフレーム
力のレベル
  • 50 kN
  • 100 kN
  • 250 kN
  • 500 kN
  • 50 kN
  • 100 kN
  • 250 kN
  • 500 kN
  • 1,000 kN
  • 2,500 kN
  • 10 kN
  • 25 kN
試験アクチュエータ下部クロスヘッド上部クロスヘッド上部クロスヘッド
アラインメント冶具-
恒温槽--
高温加熱炉--
T-スロットプラットフォーム-
アプリケーション
  • コンポーネント
  • 生物医学
油圧サーボロードフレームの比較

コンポーネントとアクセサリー

コンポーネントとアクセサリー

油圧パワーパック
油圧サーボ試験アクチュエーター
油圧分配ユニット
コントローラー
リモートコントロール
拡張温度レンジ
追加アクセサリー
油圧パワーパック 40 l/min、油圧サーボロードフレーム用ノイズ保護なし

油圧パワーパック

油圧サーボ式ロードフレームは、試験アクチュエータの駆動および制御に油圧パワーパックを必要とします。ツビックローエルの油圧パワーパックは、高い作動信頼性と長い耐用年数を特徴としています。

パワーパックの設計において、私たちはお客様のコスト効率に重点を置きました。独立型のパワーパックは、パワーコントロールシステムと共に使用されます。試験システムが現在必要とする分だけの油圧パワーが生成されます。

ダウンロード

油圧サーボロードフレーム用アクチュエータ LH2500の試験

油圧サーボ試験アクチュエーター

ツビックローエルの試験アクチュエータは、油圧エネルギーを機械的な直線運動に変換する油圧サーボ式リニアドライブです。

サーボ油圧式試験アクチュエータは頑丈で堅牢な構造を特徴としており、サーボ油圧式試験機だけでなく、クランピングプレート上の単一の試験アクチュエータとしても使用されます。サーボバルブと組み合わせて使用すると、複雑な荷重シーケンスを非常に正確に実行できます。

ダウンロード

油圧サーボロードフレーム用分配ユニット

油圧分配ユニット

油圧配分ユニットは、油圧パワーパックによって生成された加圧油を分配します。油圧サーボ試験アクチュエータまたは油圧サーボ試験機の油圧を接続または切断します。

接続バルブが各デバイスに割り当てられており、相互に独立して切り替えることができます。モジュール設計により、必要に応じて追加のスイッチングマニホールドを追加できます。

ダウンロード

油圧サーボロードフレーム用コントローラ

コントローラー

油圧サーボ試験機用のtestControl計測および制御エレクトロニクスは、独立型または試験機内で使用される油圧リニアまたはトルクアクチュエータの制御をサポートします。

このコントローラーにより、材料、部品、コンポーネント、そして完全な構造に対して、静的、準静的、振動、および動的試験を実行できます。

  • 計測信号の全測定範囲にわたる24ビットの解像度により、データの精度が最大限に確保されます。
  • 10 kHzのデータ取得およびクロックレートにより、精密な計測と制御が可能です。
油圧サーボロードフレームのリモートコントロール

リモートコントロール

ディスプレイ付きのエルゴノミクスなハンドヘルドリモートコントロールにより、効率的かつ人間工学に基づいた作業が可能です。試験全体のプロセスは、自動伸び計や試験片グリップのセットアップおよび制御を含め、ディスプレイ付きリモートコントロールで実行されます。

拡張温度レンジ

異なる温度範囲での試験は、特定の温度が材料特性に与える影響を確認するために使用されます。これらの試験のために、ツビックローエルは様々な恒温槽および高温炉を提供しており、あらゆる用途に対して最適なソリューションを保証します。

低サイクル疲労LCF試験)のための特別な試験では、試験片の温度が最大1,000℃に達する必要があります。高温炉には、試験片に可能な限り均一な温度分布を達成するために、3つの独立して制御可能な温度ゾーンがあります。

追加アクセサリー

動的試験製品ポートフォリオの最後の要素は、試験片グリップ試験治具など、必要なすべてのアクセサリーの製造です。当社のポートフォリオは、新製品の開発および導入を通じて常に拡充されています。

アクセサリーに関する詳細情報については、当社の専門家にお問い合わせください。

お問い合わせ

testXpert R – 動的試験用のソフトウェア

testXpert R は、油圧サーボ試験機、バイブロフォア、電気力学的試験機とともに使用されます。この試験ソフトウェアは、疲労試験、破壊力学、低サイクル疲労 (LCF) に適した試験プログラムを提供します。無料の試験構成にはグラフィカルブロックエディターを使用でき、最大 100 個のブロックをパラメーター化できます。

testXpert R試験ソフトウェアに関してもっと詳しく

当社の動的製品についてご不明点はございませんか?

専門家へお気軽にお問い合わせください。ご要望に応じたご相談を承っております。

お問い合わせ

その他の動的試験機

油圧サーボロードフレームを使用して実行される一般的な試験

低サイクル疲労 (LCF )試験
ISO 12106/ASTM E606に準拠した低サイクル疲労(LCF)試験では、高サイクル振幅と塑性変形で試験片を試験し、低サイクル疲労強度を決定します。
行先 低サイクル疲労 (LCF )試験
高サイクル疲労試験/S-N試験
DIN 50100の高サイクル疲労試験(S-N試験も含む)では、試験片に対して、低から中間のサイクル振幅が加えられ試験を行います。
行先 高サイクル疲労試験/S-N試験
破壊力学:応力拡大係数 K1C
ASTM E399
行先 破壊力学:応力拡大係数 K1C
破壊力学:疲労き裂進展 da/dN しきい値
ASTM E647
行先 破壊力学:疲労き裂進展 da/dN しきい値

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 製品情報:HA シリーズ油圧サーボ試験機 PDF 398 KB
  • 製品情報:油圧分配ユニット PDF 396 KB
  • 製品情報:HB シリーズ油圧サーボ試験機 PDF 378 KB
  • 製品情報:HC シリーズ油圧サーボ試験機 PDF 293 KB
  • 製品情報:油圧1軸試験アクチュエーター10kN-50kN PDF 540 KB
  • 製品情報:油圧1軸試験アクチュエーター100kN-1000 kN PDF 480 KB
  • 製品情報:20 l/min. 油圧パワーパック PDF 567 KB
  • 製品情報:40 l/min. 油圧パワーパック PDF 567 KB
  • 製品情報:80 l/min. 油圧パワーパック PDF 598 KB
  • 製品情報:170 l/min. 油圧パワーパック PDF 391 KB
  • 製品パンフレット:動的・疲労試験システム PDF 5 MB

実際のプロジェクトの例

Top