ページコンテンツへ

バイブロフォア

ダウンロード
産業
  • 金属
  • 自動車
  • メディカル大学・公的研究機関
  • 建設資材
試験荷重
  • 25から1,000 kN
試験タイプ
  • 疲労 破壊靭性引張圧縮
規格
  • ISO 12106
  • ASTM E606
  • DIN 50100
  • ASTM E399
  • ASTM E647
  • ASTM E466
  • ISO 6892

静的及び動的試験用バイブロフォア

バイブロフォアは-電磁共振試験機としても知られています-は、そのデザインから材料やコンポーネントの疲労強度を測定する動的な試験機として長い間使用されてきています。これは、例えば、DIN 50100(S-Nカーブ)までの高サイクル疲労試験が含まれ、引張、圧縮、振動荷重、および繰返し荷重の下で試験が行われます。

ツビックローエルの最新のバイブロフォア(高周波パルセーター)は、動的および静的材料試験機として使用できますーこのタイプのマシンとしては初めてであり、最大1,000 kNの試験荷重が可能です。 

典型的なアプリケーションとしては、標準的な試験片や部材(例えば、ピストンロッド、クランクシャフト、及びスクリュー)の疲労評価試験、部品が寿命中に動的な荷重にさらされるコンクリートや強化スチールの品質管理向けの試験に加え、静的な引張、圧縮、CTやSEB試験片の破壊力学の試験などにも応用されます。

バイブロフォア 1000 – バイブロフォアによるコンロッドとスクリューの試験

電磁共振試験機バイブロフォアシリーズは高荷重を必要とするコンロッドやスクリューの試験に使用されます。

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴
Two in One - アドバンテージ
動的試験
静的試験

アドバンテージと特徴


  • 4つのガイドコラム
    を採用し試験軸に対して正確なアラインメントを保った理想的なフレーム-試験片へのメカニカルな影響を排除
    -正確な測定結果
  • クロスヘッドトラベルが大きく取られており、短い試験片から長い試験片まで信頼性の高い試験が可能。
  • マウントテーブルを低い位置にしているため最高の使い勝手
  • クロスヘッドトラベル測定システム搭載により再現性が高く、正確なグリップ間距離を実現
  • 消耗品がほぼ無いためメンテナンスコストは最小限
  • 追加のインフラ(油圧源、冷媒、エアー供給)が不要な簡単なインストール

Two in One - アドバンテージ

バイブロフォアは1つの装置で動的疲労試験も静的な試験も

  • 高い周波数による疲労試験が可能なため、長時間の試験を短時間で行えます
  • 共振原理を利用しているためエネルギー消費量が極めて少ない(油圧サーボ疲労試験の約2%の消費量)

動的試験

振幅荷重下で材料やコンポーネントは早い段階で破損する可能性があります。このため、繰返しの機械的負荷の下での材料の挙動は重要な判断基準であり、必要なデータは試験を通じて取得されます。

材料試験では2つの疲労のカテゴリーがあります:

  • 低サイクル疲労強度の決定-低サイクル不老(LCF)試験
  • 有限疲労強度と高サイクル疲労強度の決定-高サイクル疲労(HCF)試験/S-N試験

ツビックローエルのバイブロフォアの駆動原理は電磁アクチュエーターによる機械的な共振の原理を利用しています。平均荷重はリードスクリュードライブによって上部クロスヘッド動かし決定されます。動的な荷重の発生はシステムが完全に共振し発生する振動によって加えられます。試験片が十分に高剛性の場合、285Hzでの周波数で試験を行う事も可能です。動的ドライブと静的ドライブは別々に制御されるため、あらゆる種類の応力比(R比)が可能です。試験は荷重-、変位-ひずみ制御に対応。

静的試験

振動クロスヘッドの機械的な固定とtestXpert IIIソフトウェアの導入により、バイブロフォアは静的な材料試験機に変わります。

剛性の高いフレーム、コネクティングサーフェイス、さらに各種部材の精細な設計によって非常に高いマシーン剛性が保たれています。正確なクロスヘッドガイダンスと組み合わせることで、バイブロフォアは試験片への許容できない機械的影響を最小限に抑えます適切の試験冶具を使い、様々な試験を動的、静的問わずに様々な環境下で行えます(例えば、温度環境下、オイルバス)。バイブロフォアは捩じりや曲げ試験にもセットアップが可能です。中央のリードスクリューを無くす事で、新しいバイブロフォアの試験エリアを広げ、小さな試験片から大きな部材の評価まで使い勝手が格段に向上しました。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品とアクセサリー類

電磁共振試験機での典型的なアプリケーション

鋳造と鍛造品の試験

鋳造と鍛造品

ツビックローエルは鋳造、鍛造品向けの引張、捻りそして疲労試験用の試験機を提供しています。
行先 鋳造と鍛造品
EN ISO 898-1, ASTM F606-1、DIN EN ISO 3506-1のボルト、スクリュー、スタッドの試験

ボルト、スクリュー、スタッドの試験

ファスナー、ボルト、スクリュー、スタッドは、産業界の生産、建設において重要であるだけでなく、毎日の耐久性でも重要であると見られており、厳しい安全要件の対象となっています。
行先 ボルト、スクリュー、スタッドの試験
DIN EN ISO 898-2に準拠したナットの試験

ナットの試験

スクリューに加えて、ナットも大変重要なファスナーとされており、厳格な品質管理が求められます。
行先 ナットの試験
ファスナーの試験

締結部材(ファスナー)

ツビックローエルは、溶接シーム試験またはリベット接合の試験のための幅広いソリューションを提供します。
行先 締結部材(ファスナー)
モーターブロック試験

エンジンコンポーネント

ツビックローエルは実際の条件下で、新素材や高荷重の試験を行うエンジン開発向けに多くの試験ソリューションを提供しています。
行先 エンジンコンポーネント
ツビックローエルの金属試験

引張試験 ISO 6892-1

金属引張試験の内容、ISO 6892及びASTM E8。
行先 引張試験 ISO 6892-1

高サイクル疲労試験/S-N試験

DIN 50100の高サイクル疲労試験(S-N試験も含む)では、試験片に対して、低から中間のサイクル振幅が加えられ試験を行います。
行先 高サイクル疲労試験/S-N試験

低サイクル疲労 (LCF )試験

ISO 12106/ASTM E606に準拠した低サイクル疲労(LCF)試験では、高サイクル振幅と塑性変形で試験片を試験し、低サイクル疲労強度を決定します。
行先 低サイクル疲労 (LCF )試験

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトインフォメーション:バイブロフォア25 PDF 232 KB
  • プロダクトインフォメーション:バイブロフォア50 PDF 227 KB
  • プロダクトインフォメーション:バイブロフォア100 PDF 320 KB
  • プロダクトインフォメーション:バイブロフォア250 PDF 310 KB
  • プロダクトインフォメーション:バイブロフォア500 PDF 312 KB
  • プロダクトインフォメーション:バイブロフォア600 PDF 314 KB
  • プロダクトインフォメーション:バイブロフォア1000 PDF 325 KB
  • プロダクトインフォメーション:ロードセルXforce動的 PDF 314 KB
  • プロダクトパンフレット:動的 PDF 5 MB
Top