ページコンテンツへ

testControl II 制御装置

ダウンロード
分解能
  • 24 bit
データ伝送レート
  • 10 kHzまで
サンプリングレート
  • 400 kHz

パワフル、革新的な測定制御テクノロジー

testControl Ii制御装置による測定制御装置は高精度、試験結果の高い再現性のためには理想的なシステムです。安全技術、効率性、そしてクオリティーに対する新しい基準を設けたのに加え、testContorl IIは駆動技術をさらに進化させました。

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

高い測定精度と再現性
パワフルな駆動と駆動制御装置
モジュール化による柔軟性
動的試験での使用
testControl II Xtension
ヒューマンエンジニアリングに基づいたディスプレイリモートコントロラー

高い測定精度と再現性

最高の精度
試験片に加えられた微細な力の変化でも迅速かつ正確に記録および表示されます。A/Dコンバータは、400 kHzのサンプリングレートと24ビットの分解能で、広い測定範囲にわたって高い測定値精度をお約束しています。

高いデータ伝送速度
それぞれの変位と荷重のピークは高分解能で取得され、すべての測定チャネルで500 Hzで同期して記録されています。オプションにて、測定取得レートを2,000Hzまで拡張可能です。高データ伝送レートにより最速の測定と試験の最高の再現性を可能にします。これにより、試験時間の短縮、脆性破断、亀裂進展、粘弾性、ピール試験等に強みがあります。

データ処理における時間同期
プラグインスロットにコネクトされた全てのセンサーから取得されたデータは高システムレートで時間同期が行われており、同時にツビックローエルソフトウェアへのデータ移行も同様な処理が施されています。これにより、使用されているセンサーや試験プロセスに関係なく、試験の再現性が極めて高くなります;例えば、荷重とストロークデータの同期は全く違う試験スピードで行ったとしても、きちんと保持されています。

マシーン自動補正機能
高品質なドライブテクノロジーに加えオンラインマシーン補正機能により、高精度なクロスヘッド変位測定とポジショニングの正確性を実現しました。ツビックローエル試験ソフトウェアにより常に最適で様々な測定グラフが表示されるのに加え、クロスヘッド変位トランスデューサーをかいして最高の変位測定とポジション精度が可能となっています。

  • 試験スピードやデュレーションに関係なく、testControl IIに直接正しいチャネルからリアルタイムで補正します
  • ダイレクトに正しいチャネルに制御と位置決めが行われています。
  • 直接伸び計が使用できない場合の試験には最適

エコモード
testControlII は使用されていないときは自動でエコモードに切り替わり、エネルギーロスを最小限にします。

システムモニタリング
testControl システムモニタリング機能はシステムの現在の状況や使用頻度、負荷など様々な情報を提供しています。これによりメンテナンス時期、スペアパーツの購入など計画的に行う事が可能となり、より一層効率的な試験機の活用に繋がります。

パワフルな駆動と駆動制御装置

速く、正確な駆動制御
周波数1,000 Hzの大変高い駆動制御により、速くて、正確な荷重とひずみ制御が可能となります。要求荷重まで素早く精密に、試験体へ荷重を負荷できます。

ひずみ速度制御
AllroundLine の駆動テクノロジーの特徴、すぐれた速度一定、センサーとのコラボレーション、そしてアダプティブコントロールはひずみ速度制御 ( ISO 6892-1, Method A1に準拠した)に最適なソリューションを提供いたします。

制御装置のセットアップ
難度の高い制御を必要とされるケースにおける特別な制御装置のセットアップ。例えば、荷重制御試験において荷重センサーがクロスヘッドに付いているケースでは、制御装置は単にソフトウェア上で駆動させることも出来ます。

パワフルな駆動
パワフルな駆動により、繰返し試験を最大荷重・最大スピードで行え、試験間の時間的なロスもありません。AllroundLineと ProLineではメンテナンスフリーのACドライブを採用しています。

モジュール化による柔軟性

モジュール化による柔軟性
testControl II にはフレキシブルな6つの時間-同期スロットが用意されています。これにより同時に複数のセンサーを使用することが可能となり、使用するしないに関わらず、監視および保護することができます。

  • 例えば、伸び計及び幅計などが、ロードセルに加えてご使用いただけます。
  • 試験装置に複数のロードセルやセンサー類を使用する場合でも、プラグインの状態のままご使用いただけます。プラグインされたセンサー類は自動的に荷重オーバー時でも保護されます。

斬新なインターフェイス
革新的な EtherCat® インターフェースが標準で装備されています。時間同期されたリアルタイムEthernet バスシステムにより今後の新たなセンサーやパワーユニットの追加にも対応出来ます。

ギガビット Ethernet インターフェイス
The Gigabit Ethernet インターフェイス (産業標準として認定) を試験機のコンピューターと使用することで、データ処理が高速で行われます。

動的試験での使用

testControl II計測制御装置は、材料試験で使用されるさまざまなドライブに対する汎用的なコントローラーです。

油圧サーボ試験向けに開発されたバージョンでは、油圧のリニア及び捻りアクチュエーターの制御が可能です。

コントローラーは、材料、コンポーネント、構造物の静的、準静的、繰返し、動的試験に使用できます。

testControl II Xtension

  • プラグアンドプレイ- ツビックローエル試験ウェアでの標準化された操作により、すばやく簡単に使用できます。
  • センサーを接続したまま、さまざまなセンサーシステムで試験状況をすばやく切り替えます。
  • さまざまな試験機に対応した低コストなモバイル使用。
  • 全てののtestControl II Xtensionチャネルは、あらゆる計算に使用できます。
  • testControl II Xtensionのセンサーは荷重/ひずみ制御に対応。
  • 追加のセンサーが必要な場合は簡単にレトロフィット。
  • 2番目のtestControl II Xtensionの使用により、非常に多数のセンサーを使用するアプリケーションにも対応可能。
Collage__FO

ヒューマンエンジニアリングに基づいたディスプレイリモートコントロラー

リモートコントローラーによって試験システムをコントロール出来ます:

  • 試験の開始や停止
  • 開始位置Leへ移動
  • 自動制御の試験片グリップの開閉
  • ユーザーによって定義される機能

ロッカースイッチから試験システムのクロスヘッドを駆動出来ます。

testControl II ディスプレイ付きリモートコントロール

全ての試験プロセスはディスプレイ付きのリモートコントローラーで行えます。

テクニカルオーバービュー

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトブロシャー:testControl II PDF 2 MB
  • プロダクトインフォメーション:油圧サーボ用testControl II PDF 390 KB
  • プロダクトインフォメーション:testControl II Xtension PDF 1 MB

関連する製品とアクセサリー類

Top