ページコンテンツへ

DIN54608 段ボールのバックリング抵抗性

DIN54608 段ボールのバックリング抵抗性

3点曲げ試験は DIN 54608に準拠した段ボールのバックリング抵抗性を決定するために行われます。
この試験は複数の壁で作られた段ボール製品の特性を決定するために行われます。
試験は簡単で、小さな段ボールの試験片で行われます。

試験結果は様々なベーシックパラメーターに依存します:

  • 紙のSCT
  • フルート形状
  • ボード接着の質
  • 製造・成形時の塑性変形のような材料の欠陥、真空ラインの開発など

ツビックローエルによるバックリング抵抗性の測定

  • ダイは簡単にすぐに取替え可能。
  • スパンはステップレスで調整可。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top