ページコンテンツへ

ペーパーの2点曲げ試験

ISO 2493-1, DIN 53121, ISO 5628, DIN 55437-3

試験の目的

紙や段ボールの加工において、曲げ剛性は非常に重要です。包装および充填機で信頼性高くトラブルフリーな操作を行うには、紙またはボードは決められた制限内で十分に柔軟でなければなりません。紙送りの切り替え時には、包装機をスムーズに稼働させるために、均一な剛性特性も不可欠です。

ツビックローエルの2点曲げ試験キットは、2つのアプリケーションに対応:曲げ剛性の測定と120°の曲げ角度での折りたたみ特性の測定。正確な高分解能測定技術により、ロードセルを交換する必要がなくなります。

ツビックローエルの2点曲げ試験

  • 曲げ力はロードセルによって記録され、測定誤差はわずか1%です。
  • ロードセルを可動機械部品から離して配置すると、信号の干渉を回避できます。
  • 0.001°分解能の電子角度測定は、測定値の最大の信頼性を保証します。
  • 幅50または100 mmまでの試験片をクランプできます。
  • このキットには、ゲージ長さ1、2、と5 mmの精密インデックスが含まれています。
  • このキットには3つの異なるクランプシステムが用意されています:ねじクランプ、スプリングクランプ、空気圧クランプ。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top