ページコンテンツへ

ゼロ-スパン引張試験

TAPPI T 231

試験の目的

ゼロスパン引張試験は紙のファイバー強度を測定し、TAPPI T 231に準拠して実施されます。引っ張り荷重が、グリップ間距離がゼロに近い状態で試験ストリップにかけられます。これにより、ほとんどの荷重がセルロースファイバーに加えられるため、紙全体の生地には加えられません。

ツビックローエルのゼロ-スパン引張試験

  • ゼロスパン引張試験は一般的に、その試験にのみ対応した機種によって行われ、これは複雑で、費用もかかります。
  • このような日常行われない試験に対しては、試験片グリップと治具のモジュラービルディングブロックシステムを利用する価値があります。
  • 上下2つのグリップユニットの正確な相対位置を、角度位置と水平位置を基準にして(一度だけ)最初に設定する必要があります。このために機械的なアドオンキットを用意しています。
  • 試験片グリップは最低限の精度要求を満たす必要があるため、空圧グリップが必要となります。
  • 要求されているチャック歯はグリップのベースから上方に突き出ているため、約0.1 mmのフリーな長さが許容されます。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top