ページコンテンツへ

ツビックローエルアカデミアデイ

長い期間をかけて、ツビックローエルアカデミアデイは科学技術や産業の分野で重要なイベントとなっており、材料試験の新しい可能性が様々に議論されてきています。材料試験機を使用して研究を加速するにはどうすればよいでしょうか?新素材をもっと早く開発するにはどうしたらいいでしょうか?そして、研究分野と産業界はどのようにしてパートナーシップを強化できるでしょうか?これらは、ツビックローエルアカデミアデイで毎年話題となるほんの一部です。このイベントのハイライトは、ツビックローエルサイエンスアワードの発表と、研究および科学における材料試験機の革新的な研究に対する賞金8,000ユーロです。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:大学・公的研究機関 PDF 4 MB

研究分野と産業が出会う場所

材料研究は競争力のある経済にとって重要不可欠です。試験システムの大手メーカーとして、ツビックローエルは学術研究機関との情報交換を促進しています。プレゼンテーションとワークショップは、このための理想的なフォーラムです。これが、ツビックローエルアカデミアデイを長年主催している理由です。毎年春にヨーロッパの大学や高等教育機関で開催されます。

このイベントは、材料試験機が多くの革新的なアプリケーションでどのように使用されているかを認識する機会です。過去のツビックローエルアカデミアデイでは、参加者の間でアイデアや意見を密に交換するためのプラットフォームとして機能しました。科学分野と産業界からの参加者が混在することで、このイベントは特別なものになり、常に理論と実践の間に直接的なつながりがあることが再認識されています。

2019年上海でのアカデミアデイ

  • 2019å¹´6月14日、Tongji 大学(中国)で開催された第10回ツビックローエルアカデミアデイで、2018年のサイエンスアワードの受賞者が表彰されました。このイベントは毎年、国際的な大学または研究機関で開催され、インテリジェントな材料試験をテーマとした科学と産業間の集中的な交流のための重要なプラットフォームを提供します。
  •  ä¸Šæµ·ã®Tongji大学は、工学、経済、建築の分野で特に高く評価されています。この大学は中国教育省の直接の管理下にあり、世界クラスの機関の開発を促進するプロジェクト985にリストされている33の大学に属しています。 
  • 一位は、小型化された金属試験片の高温クリープ特性の超高速評価に関する彼の研究のためにオックスフォード大学のダニエルバーでした。
  •  ãƒŸãƒ¥ãƒ³ãƒ˜ãƒ³å·¥ç§‘大学のSimon Vitzthumは、引張試験用の新しいクリップオン伸び計を使用した降伏の開始の温度ベースの決定に関する論文で2位になりました。
  •  3位は二人受賞、Y.J.Zhao氏、Zhejiang大学、が磁場における電圧インピーダンスモニタリングで、Pop-in亀裂伝播の不安定性に対する機械剛性の影響に関する論文で、French Alternative Energies and Atomic Energy Commission(CEA)のTom Petit氏がそれぞれ受賞しています。
  •  8,000ユーロの賞金は、研究および科学における材料試験機の特に革新的な使用に対して授与されます。 

アカデミアデイ2019Tongji University 上海

上海におけるアカデミアデイの印象と2019サイエンスアワードのプレゼンテーション

2018年ローマでのアカデミアデイ

9年連続で、ツビックローエルは、サイエンスアワードのプレゼンテーションの舞台となるアカデミアデーを主催しました。2018年5月15日、サピエンツァ大学で、17か国から70名の参加者が提出した100を超えるエントリの中から受賞者が選ばれました。

審査員は、ローマの中心部、ヴィンコリのコロシアムとサンピエトロの印象的な場所で、今年の受賞者を表彰しました。イタリア、ドイツ、アメリカ、ポルトガルの9人のスピーカーが、「高性能、軽量、持続可能な材料の試験」に関する科学的プレゼンテーションを行いました。

六角形の窒化ホウ素で強化された複合材料の機械的特性の改善に関する研究でイスラマバードにある国立科学技術大学のJan氏に5,000ユーロ、Paul Roellメダルと最優秀賞が授与されました。

上海大学科学技術大学のA. Y.チェン氏はCo-チャンネルアングルプレスにより、大粒径の純銅の微細構造と強度に関する研究で2位を受賞しました。もう一名の2位の賞は、弾性冷却用のTiNiベースのフィルムの温度プロファイルの開発に関する論文に対して、カールスルーエ工科大学のHinnerkOßmer氏に授与されました。3位の賞は、空洞のあるガラス/エポキシラミネートの疲労挙動に関する研究で、パドヴァ大学のLucio Maragoni氏に贈られました。

ツビックローエルアカデミアデイ2017: 香港科学技術大学

2017å¹´5月26日に香港科学技術大学で、ツビックローエルアカデミアデイ 2017において、サイエンスアワードのプレゼンテーションが行われました。20カ国から70人以上の参加者が100の論文が提出され、受賞者を決めるのに難航しました。 

5,000ユーロとPaul Roellメダルを含む一等賞は、MEMSテクノロジーをベースにした小型コンポーネントと材料の特性評価のためのナノ試験で、イタリアのトレント大学のMaria F. Pantano氏に授与されました。マクロ的試験からの特性値は思いのままにスケーリングできないため、小型化とナノ材料の使用加により、マイクロスケールの特性評価が必要になります。 

 ãƒŸãƒ¥ãƒ³ãƒ˜ãƒ³å·¥ç§‘大学のDavid Jocham氏が、成形中の軟鋼の降伏軌跡を二軸測定する方法で2位を受賞しました。 

 é«˜é€Ÿã§ã®å‹•çš„材料試験における振動信号の分野での功績が認められ、中国の清華大学のZihao Quin氏に3位が授与されました。 

ツビックローエルアカデミアデイ2016: プラハのチェコ科学アカデミー

2016年4月26日に、2015年のツビックローエルサイエンスアワードの受賞者は、プラハのチェコ科学アカデミーで開催された第7回のツビックローエルアカデミアデーで授与式が行われました。イベントの化学的なフレームワークは、軽量素材の試験に焦点を当てたプレゼンテーションを特集しました。

ポールローエルメダルの今年の優勝者は、5,000ユーロの最優秀賞とともに、世界10の主要な工学系大学の1つであるオックスフォード大学のEnrique Alabort 氏でした。彼は説得力のあるプレゼンテーションで、たとえば数百パーセント変形する可能性のある多結晶材料の特性など、合金材料の超塑性を説明しました。2位は、ケムニッツ工科大学(ドイツ)のBenjamin Zillmann氏に贈られ、主に圧縮試験における板金の2軸変形に関する論文が称えられました。3位が贈られたのはPh.Ozgur Atalay、イスタンブール工科大学で、導電性繊維を使用してセンサーをテキスタイルに組み込む方法の可能性を披露しました。これら受賞者は26ヶ国、160の参加者あの中から選ばれています。 

ツビックローエルアカデミアデイ2015: ETH チューリッヒ

6年連続で、ツビックローエルは2014年サイエンスアワードのプレゼンテーションの舞台となるアカデミアデーを主催しました。2015å¹´6月2日にチューリッヒのスイス連邦工科大学(ETH)に世界から聴衆が集まり、科学的バックグラウンドにおいて材料試験機の最も革新的な使用に関して今年の受賞者の業績を称えました。 

5,000ユーロの最優秀賞は、インスブルック大学の物理化学研究所のMarkus Seidl氏にこの年は授与されています。彼の論文は、極低温および高圧での水のフェーズダイアグラムの特徴、つまり液体窒素とツビックローエル AllroundLine試験機を使用することでもたらされる凝集状態について説明しています。研究の結果は、生物学と環境技術の分野から食品工学と製薬工学まで、結晶の核生成と成長が関連する要素であるすべてのプロセスにとって興味深いものです。

バイロイト大学、ブリストル大学、ETHチューリッヒの代表者から構成される審査員は、ドイツの科学者に2位と3位を授与しました。追加で3位とされたのはスペインのプロジェクトに対してでした。受賞者はまた、国際的な専門家の聴衆の前で科学講義のアカデミアデーシリーズの一環として、著名な教授と一緒に彼らの研究を発表する機会がありました。

ツビックローエルアカデミアデイ2014: Rey Juan Carlos大学、マドリッド

2014å¹´4月9日、2013年のサイエンスアワードの受賞者は、マドリードのレイファンカルロス大学で行われた第5回ツビックローエルアカデミアデイで賞を授与されました。イベントのテクニカルフレームワークは、軽量素材の試験に焦点を当てたプレゼンテーションを特集しました。 

ポールローエルメダルと5,000ユーロの最優秀賞を受賞したのは、ルーキーにあるインド工科大学のDebrupa Lahiri氏でした。彼女は、IIT Kanpurで技術の修士号を取得し、Florida International Universityで博士号を取得しています。彼女の論文は、カーボンナノチューブと基板の結合挙動に関するものでした。彼女の研究結果は、内部人工器官のコーティング技術の開発に使用できるため、人間の組織に今後活用される可能性があります。

2位はイギリスの科学者に贈られ、3位はアメリカとドイツの2人の科学者に授与されています。2013年のサイエンスアワードには合計119のエントリーがあり、アカデミアデイにおける一連の発表は、材料試験における今日の重要な科学的問題に対して包括的な見解を提供しました。 

ツビックローエルアカデミアデイ2013: マンチェスター大学

2013å¹´4月17日、2012年のサイエンスアワードの受賞者は、マドリードのレイファンカルロス大学で行われた第5回ツビックローエルアカデミアデイで賞を授与されました。チャレンジングな環境下での材料が受ける命題に対する専門家の様々なプレゼンテーションに加え、独自のテーマも多く発表されています。 

優勝者であるボルドー大学のMichal K. Budzik氏は、ツビックローエルの材料試験機を使用して複合材料の破壊挙動を決定する方法を発表しました。工業用接着プロセスに対するより興味深いテーマでした。2位及び3位はスペイン、イタリアのプロジェクトに贈られました。17の国々から、トータル72名の科学者がツビックローエルサイエンスアワードへ参加しました。 

Top