ページコンテンツへ

オーバーラップせん断

せん断試験は、積層体、例えば箔またはプリプレグの接着結合を比較するため、および積層体中の層接着を評価するために行われます。 

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:複合材料 PDF 7 MB

試験の目的

  • 一般的に、これらのせん断試験は引張方向と圧縮方向の両方で行うことができますが、引張試験はより簡単であるために通常よく行われます。試験結果は プレーンせん断におけるせん断強度です。
  • 比較的 薄いかあるいは柔かい積層板の試験を行う際には、応力平面内の角度誤差は作用する曲げモーメントのために単一重ねせん断試験片で発生する可能性があり、これは不均一な応力分布、ひいては重大な測定誤差をもたらす可能性があります。対称的なダブルラップせん断試験片 ですと作用する曲げモーメントは互いに補償し合い、応力面は正確に整列したままであり、これに最も適しています。
  • どちらのケースでも曲げ変位は 接触式伸び計 で測定可能です。
  • 水平に調整可能なグリップシングルラップせん断試験片の試験に必要となります。これは クサビスクリュー、スクリュー、あるいは空圧式グリップなどがあります。 
  • スロット付きシングルラップせん断試験片は、単純で対称的に閉じるグリップで試験可能です。ENおよびDIN規格は、曲げを防ぐためのサポートの使用を規定しています。
  • ダブルラップせん断試験片は常に簡単なグリップで試験することができます。
  • スロットラップせん断試験片は、両方のグリップで同じグリップ開口を可能にします。 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top