ページコンテンツへ

ISO 6507/ASTM E384 のビッカーズ試験

ビッカース硬さ試験方法は、すべての金属の試験に最適なため、アプリケーションの範囲が最も広い方法です。

ビッカーズ試験で使用される圧子は、正方形の底面を持つダイヤモンドピラミッドで、その先端はα= 136°の角度で試験片と接触します。試験片に試験力を加えて(標準で10 gから)、保持時間に従って保持します。

残留試験圧痕の両対角線の長さを光学的に測定します。次に、対角線の平均と加えられた試験力からビッカース硬度が計算されます。

ビッカーズのアドバンテージ

  • 試験片の硬度によるこのメソッドの適用に実質的に制限はありません。
  • 薄いシートメタル、小さな試験片や試験領域、薄肉パイプ、薄い硬化層、および電気めっきの試験に使用できます。
  • 硬さの値は、マクロ範囲の試験荷重に依存しません(テスト荷重> 49.03 N)。
  • 有効な試験力方向での試験片の弾性が制限されているため、測定誤差はありません。

ビッカーズのディスアドバンテージ

  • 適切な表面品質を得るためにかなりの努力が必要です。
  • 対角線の測定時間がかかります。
  • ダイアモンド圧子は損傷に敏感です。
  • 特にマイクロレンジでは振動に敏感です。
  • 硬度はオペレーターの影響を受けます。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ロックウエル試験に最適な硬さ計

名前 タイプ サイズ ダウンロード
Top