ページコンテンツへ

破裂試験

ISO 2758, ISO 2759

破裂試験では、圧力の増加に対する試験片の最大抵抗(kPa)を決定します。ツビックローエル破裂試験は、ISO 2758に従って紙の破裂強度を測定します。ISO 2759に準拠した板紙と紙の破裂強度もツビックローエルによって測定できるため、紙から重い段ボールまでの全範囲をカバーできます。

破裂試験の目的は

  • 2つのクランピングリングにしっかりとグリップされた試験片の破裂強さを測定する事です。.段ボールの試験片をクランプしたら、再現性のある試験結果のために、グリップ力を維持することが不可欠です。
  • 試験装置の動的な動きには特に注意を払う必要があります。破裂試験は数秒以内に実行され、最大圧力は絶対精度で決定される必要があるため、試験装置の測定速度はそれに応じて高速でなければなりません。
  • 異なるラボ間で結果を比較する場合、機器の測定速度は同じでなければなりません。一定の体積フローも、試験中、高い精度で維持する必要があります。

ツビックローエルの破裂試験

  • ツビックローエル材料試験機を使用した破裂試験はプログラム制御されており、最低限の手動によるオペレーターの介入のみのため常に正しい結果が得られます。
  • ツビックローエルは、圧力プリセレクターを提供しており、これにより、ロータリースイッチを介して最大5つの異なる制御されたグリップ圧力をすばやく選択できます。
  • 機械は試験片の破裂を検出し、すぐに停止します。これにより、ダイアフラムへの負荷が軽減され、寿命が延びます。
  • 試験は、オペレーターが変わった場合でも、一定の条件下で実行されます。
  • フローは非常に狭い許容範囲内で制御され、高負荷でも一定のままです。
  • ツビックローエルの材料試験機は、デジタル制御を採用しており、負荷に関係なく一定の体積フローを確保します。
  • リアルタイムのグラフィックにより、オペレーターは試験が正しく実行されたかどうかを即座に確認できます。
  • 可変データ取得率により、生産者と加工業者の間で一貫した結果が保証され、異なるラボ間での不一致性も回避されます。
  • サービスインターフェイスとメンテナンスに適した設計により、ダウンタイムと関連コストが削減されます。

破裂強度の測定ビデオ

DIN EN ISO 2759に準拠した破裂強度の決定

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:製紙&ダンボール PDF 4 MB
Top