ページコンテンツへ

引張特性

ISO 6259-1/-2/-3; ISO 1979
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

試験の目的

  • 試験片の引張試験は、加工状態での材料の挙動の特性評価に使用されます。
  • 標準の試験片を使用して標準化された処理条件下で決定された材料特性値は、パイプに実際に存在する特性とはいくつかの点で大幅に異なる場合があります。これは、射出成形された試験片と比較して、押し出しパイプでは処理状態が完全に異なるためです。 
  • この特性を特徴付けるために、試験片はパイプの縦方向に沿ってパイプ壁から切り取られます。サンプリングや試験の方法はISO 6259, Parts 1から3に記載されています。パイプの材質とパイプの肉厚に応じて、様々な形状の試験片とそれらに対応した試験片ホルダーが使用されます。 
  • 試験片のひずみはオプティカル伸び計によって測定されます。

溶接及び継ぎ目の試験

溶接および継ぎ目の試験は引張試験の特殊なケースです。このために、溶接または接合部の継ぎ目が試験片のフリーゲージ長さの領域に配置されるように、試験片をパイプから切り出します。予想されるひずみ分布が不均一なため、この場合、試験片への直接伸び測定は必要ありません。得られた結果は、継ぎ目の引張強度であり、該当する場合は、原材料の引張強度との比較です。

プラスチックパイプの引張試験の規格

  • ISO 6259-1 熱可塑性パイプ - 引張特性値の決定 - Part 1:一般的試験方法
  • ISO 6259-2 熱可塑性パイプ - 引張特性値の決定 - Part 2:PVC-U製パイプ
  • ISO 6259-3 熱可塑性パイプ - 引張特性値の決定 - Part 3:ポリオレフィンパイプ
  • ISO 8521 プラスチックパイプシステム - ガラス強化熱硬化性プラスチック(GRP)パイプ - 見かけの初期周方向引張強さを決定するための試験方法
  • ISO 8513 プラスチックパイプシステム - ガラス強化熱硬化性プラスチック(GRP)パイプ - 縦方向の引張特性の測定
  • ASTM D2105 ”ガラス繊維”(ガラス繊維強化熱硬化性レジン)パイプおよびチューブの引張特性
  • ASTM D2290 プラスチックまたは強化プラスチックパイプの見かけのフープ引張強度
  • EN 1393 プラスチックパイプシステム - ガラス強化熱硬化性プラスチック(GRP)パイプ - 初期縦方向の引張特性の決定
  • EN 1394 プラスチックパイプシステム - ガラス強化熱硬化性プラスチック(GRP)パイプ - 見かけの初期周方向引張強さの決定

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top