ページコンテンツへ

プラスチックパイプ試験

アプリケーションのレンジと材料は多岐にわたるため、プラスチックパイプの試験に関する国内および国際的な基準は数多くあります。プラスチックの材料特性と完成したパイプの性能特性の両方が試験されます。ツビックローエル材料試験機は、これらの試験の多くを実行するために使用されます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

試験要求事項の概要

  • 熱可塑性ポリマーまたはガラス繊維強化プラスチック製のパイプシステムは、主に水またはガスの輸送に使用されています。これらは厳しい品質要件の対象となっています。
  • 例えば、PE、PP、PVC、またはPEXで作られた熱可塑性パイプは、さまざまな設計で製造されています。こういう製品は耐食性、耐薬品性、軽量、柔軟性、適切なリング剛性、低レベルの表面粗さなどの機械的特性を備えています。
  • 排水処理用の下水管としては、内外が滑らかなパイプがよく使われます。硬壁チューブまたはコアフォームチューブとして製造されています。外径は16mmから1200mmの範囲です。 より高い防火要件も満たさなければならない耐熱パイプは、家や建物の内部で使用されています。
  • コルゲートパイプの用途は、機械建設、造船、自動車産業でのケーブル保護から、直径1800 mmまでの排水、安全、廃水、下水管の用途にまで及びます。 波形により、これらのパイプは縦方向に非常に柔軟になり、高レベルのリング剛性を維持しながら、環境に簡単に適応できます。特別な機械的特性は、パイプ壁のプロファイリングのタイプ、または中空チャンバーによって得られています。
  • 異なる材料の組み合わせにより、特性を選択的に製作可能です。このタイプの多層複合パイプの典型的な例は、クロスリンクPE(PEX)の接着剤層で内側と外側が裏打ちされたアルミニウムパイプです。これらのタイプのパイプは非常に柔軟性があり、設置が簡単で、酸素を通しません。
  • GRPパイプは通常、リング剛性のレベルが高く、化学物質の輸送にも使用できます。これらのパイプは、最大3000mmの外径で製造されます。

リング剛性/リング柔軟性/初期リング剛性

ISO 9969, ASTM D2412, EN 1228, ISO 13968, ISO 13967
ツビックローエルのProLineおよびAllroundLine試験機は、全てのプラスチックパイプを試験するための荷重レンジをカバーしてます。
行先 リング剛性/リング柔軟性/初期リング剛性

クリープ挙動

ISO 9967
ISO 9967 熱可塑パイプのクリープ挙動の決定
行先 クリープ挙動

引張特性

ISO 6259
機械的プロセスによってパイプ壁から採取された試験片は、引張試験に使用されます。
行先 引張特性

き裂進展

ISO 18488, ISO 18489
PE80、PE100、または改良されたPE100RCなどのポリエチレン製のパイプは、き裂の成長を遅らせるためにさまざまなレベルの感度が示されます。
行先 き裂進展

メルトインデックスフローレート

ISO 1133-1から3、ASTM D1238
ISO 1133-1、ISO 1133-2、ISO 1133-3およびASTM D1238に準拠した、ある温度でのプラスチックの流れやすさについての記載
行先 メルトインデックスフローレート

ビカット軟化温度

EN 727, ISO 306, ASTM D1525
これは通常、EN 727、ISO 306、またはASTM D1525で決定されます。
行先 ビカット軟化温度

衝撃試験

パイプの完全なセクションの衝撃試験は、通常非計装の落重試験機で行われます。
行先 衝撃試験

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

プラスチックパイプ試験における品質規格

パイプの試験は、定義されたアプリケーション分野に基づいています。国の建築および建設当局は、定義された一連の基準に従ってパイプの承認を要求し、これらの基準は通常、仕様規格または技術的な納品条件で非常に詳細に定義されています。この要件は国によって大きく異なります。

アプリケーションのレンジと材料は多岐にわたるため、プラスチックパイプの試験に関する国内および国際的な基準は数多くあります。プラスチックの材料特性と完成したパイプの性能特性の両方が試験されます。ツビツクローエル試験機は、これらのタスクの多くを正確かつ正確に実行します。

次の概要は、EN13476-1への無圧力排水および灌漑アプリケーションに使用される地下PEパイプシステムに適用される試験の範囲の例を示しています。ここでは寸法測定は示されていません。

  • EN 13476-1: 
    地下無加圧下水道用プラスチックパイプラインシステム - 可塑剤を含まないポリ塩化ビニル(PVC-U)、ポリプロピレン(PP)、およびポリエチレン(PE)のプロファイル壁を備えたパイプラインシステム-パート1:一般的な要求事項及び特徴

材料特性

  • ISO 1167-1 内圧耐性、165時間
  • ISO 1167-1 内圧耐性、1000時間
  • ISO 1133-1 メルトマスフローレート, MFR @ 190℃, 5 kg
  • ISO 728 メルトマスフローレート, MFR @ 190℃, 5 kg
  • ISO 1183 酸化誘導時間の決定、OIT

物理的な特性

  • ISO 2505 縦方向の反転加熱効果の決定、PE継手
  • ISO 12091 オーブン試験

パイプの機械的特性

  • ISO 9969 リング剛性
  • EN 744 24時間方式、落錘方式による外部打撃耐性
  • ISO 13968 リング柔軟性
  • ISO 9967 クリープ挙動
  • EN 1979 継ぎ目の引張強度
  • EN 1411 階段方式、落錘方式による外部打撃耐性

継手の機械的特性

  • ISO 13967 剛性
  • EN 12061 衝撃耐性の試験方法
  • EN 12256 継手の機械的強度または柔軟性

挙動の要件

  • EN 1277 エラストマーシールリングタイプの接合部の気密性
  • ISO 13260 温度サイクルと外部負荷の組み合わせに対する耐性
  • EN 1055 上昇高温サイクルへの耐性
  • EN 1989 上昇高温サイクルへの耐性
  • EN 1053 水密性

ツビックローエルの試験機および試験装置は、さまざまな試験方法に対応しています。

現在ある規格に加えて、ツビックローエルは特別な試験要求にも対応いたします。

 

お問合せください!

Top