ページコンテンツへ

プラスチックパイプのMFRとMVRの決定

メルトインデックスフローレート、 ISO 1133-1, ISO 1133-2, ASTM D1238
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

メルトインデックスとも呼ばれるメルトマスフローレートMFRは、ある温度下でのプラスチックの流れやすさを表します。

この特性は、熱可塑性ポリマー溶融物を既知の寸法のキャピラリーを通して、定義された温度および重量による圧力下で押し出すことによって測定されます。試験結果は、g/10minで表される単位時間あたりの押し出された質量です。

メルト密度が分かっている場合、メルトボリュームフローレート(MVR)からMFRを決定できます。このプロセスでは、ポリマー押出セクションの重量測定は、押出量の連続測定によって置き換えられます。MVR値の結果は、cm³/10minで表示されます。 この試験の利点は、非常に高いレベルの試験シーケンス自動化であり、オペレーターの介入を必要としないことです。

試験方法は、約 4〜8gの試験片サイズで機能します。試験は約10〜25分かかり、限られた労力で実施可能です。ポリアミド6やポリアミド66などの湿気に敏感なポリマーは、最初に80℃未満の温度で0.08%未満の含水率になるまで乾燥させる必要があります。 

特にパイプ製造によく使用されるポリオレフィンだけでなく、他のポリマーでも、この簡単な方法で分子分布の変動を簡単かつ確実に検出できます。 

この測定は通常パイプ製造業者の材料受入れ検査時に実施されます。これにより、バッチを変更した後でも、生産を中断することなく継続できます。 

重要な規格には以下が含まれます

  • ISO 1133-1 - プラスチック - 熱可塑性プラスチックのメルトマスフローレート (MFR) とメルトボリュームフローレート (MVR)の決定 - Part 1:一般的試験方法
  • ISO 1133-2 - プラスチック - 熱可塑性プラスチックのメルトマスフローレート (MFR) とメルトボリュームフローレート (MVR)の決定 - Part 2:時間-温度履歴および/または湿気に敏感な材料に対する試験方法
  • ASTM D1238 - 押し出しプラストメーターによる熱可塑性樹脂のメルトフローレートの標準試験方法

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top