ページコンテンツへ

メルトマスフローレート (MFR) とメルトボリュームフローレート (MVR)の決定

ISO 1133-1-2 及び ASTM D1238.

押出プラストメータ―はISO 1133-1-2, ASTM D1238、あるいはその他類似の規格に沿った充填、非充填プラスチックのメルトインデックス (MFR)ボリュームインデックス (MVR)の標準特性値を測定します。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

メルトフロー決定の方法

メルトフロー決定の方法

メソッドA、MFR
メソッドB、MVR
ASTM D1238 メソッドC、半分のダイ寸法
ASTM D1238 メソッドD、マルチステップ試験
APC機能ー自動、最適な測定インターバル

メソッドA、MFR

  • この方法では、押出物は一定間隔で切断され、その質量は分析スケールによって決定されます。
  • 試験結果は、単位時間あたりの押し出された質量でg/10minで表されます。
  • オペレーターは試験シーケンス全体に立ち会う必要があるため、限られた範囲でしか自動化.できません。

メソッドB、MVR

  • この方法では、押出物の質量ではなく、一定の間隔で溶融ポリマーの押出し体積を決定します。押し出しプラストメーターには、ピストン変位トランスデューサーが装備されている必要があります。MVR結果は、単位時間あたりの押し出された材料の体積ですcm³/10minで指定され、単位時間あたりのピストンの移動距離から計算されます。
  • 均一な密度分布で溶融する場合、溶融密度を使用してMVR値をMFR値に変換できます。プラスチックが充填されていない場合、充填材の分布が不均一であるため、これを高レベルの精度で行うことができないことがよくあります。
  • この方法の大きな利点は、機械的な切断が不要なことです。試験シーケンス全体は、オペレーターの影響をまったく受けることなく実行できます。

ASTM D1238 メソッドC、半分のダイ寸法

  • アプリケーション分野はポリオレフィンであり、75g/10minを超えるMFR値を示します。
  • これらの材料の試験には2つの代替法あります:試験重量を対応する低い値に設定するか、高さと直径の半分のダイを使用します。
  • .これらのオプションは、ISO 1133-1の試験にも使用できます。ただし、標準のダイを使用して決定された結果を直接比較することはできません。
13-xflow-all-instruments-fo

ASTM D1238 メソッドD、マルチステップ試験

  • 多くのポリオレフィンでは、さまざまな負荷レベルのMVR値を示し、流量比(FRR)を決定するのが一般的です。これには、単純な押し出しプラストメーターを使用する場合、いくつかの充填物からの測定が必要です。自動荷重変更ユニットを備えた押し出しプラストメーターは、押し出しバレルの1回の充填から複数の荷重レベルにわたる一連の測定を行えます。
  • ツビックローエルは、自動変位測定を特徴とし、方法AおよびBの測定に使用できる機器とともに、方法Aの簡単な押出プラストメーターを製造しています。

APC機能ー自動、最適な測定インターバル

  • フローレートを測定する際には測定タイムが出来るだけ大きくなるように測定インターバルが設定されなければなりません、またMVRのケースも同様に測定変位を出来るだけ大きくします。これにより測定が高精度となります。最適レンジ外で測定すると多くの測定エラーが発生します。
  • MflowAflow 押出しプラストメーターは標準でAPC機能が搭載されています。この機能は、実際に測定をスタートさせる少し前にピストンのスピードを測定しています。この情報を使い、最高の制御、変位や時間を選択が可能になり、最も最適な測定インターバルが決定できます。時間を費やす事前設定は必要ありません、試験をプログラムするために必要なプロセスは全ての試験される材料の2,3のパラメーターをセットするまでに減少しています。

ISO 1133-2 湿気に敏感で速分解性のプラスチックの試験

これらの材料(PBT、PET、PAなど)で実行される試験には、特別な注意が必要です。まず第一に、これらの材料は十分に乾燥する必要があり、押出バレルに注ぐときに乾燥している必要があります。押出バレルのオプションの窒素ブランケットは、材料が周囲の空気と直接接触するのを防ぎます。試験は歩き待った時間シーケンスで実行され、ソフトウェアによって記録されます。押し出しプラストメーターは、押し出しバレル内の空間的および時間的温度分布に関して、特定の条件を満たす必要があります。

線形PETのMFR値のIV測定の相関

ポリエチレンテレフタレート(PET)の分子量は通常、固有粘度で表されます。これは、dl / gでのIV値です。ポリマー鎖が長いほど、この特性値は高くなります。これにより、分子鎖と、溶融プロセス中に水分が多すぎる場合に分子鎖がどのように発生するかを示すことができます。

この方法の欠点は、特にPETのリサイクル業者が、腐食性または有毒な溶媒を処理するために装備されていないことが多いことです。さらに、試験が長期間続くという事実は、実用的な問題を提起します。したがって、メルトマスフローレート(MFR)の測定は、この領域でも1990年代初頭から使用されています。

testXpert IIIを使用してMflowおよびAflow押出プラストメーターを制御すると、事前測定によりIV値とMFRの相関関係を決定でき、これを他の測定に適用できます。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top