ページコンテンツへ

Aflow 押出しプラストメーター

自動操作 オールラウンダー ダウンロード
試験方法
  • MFR
  • MVR
  • マルチステージ試験
試験ボリューム
  • High
アプリケーション
  • 品管での24時間/7日オペレーション
  • R&Dでの柔軟なオペレーション
メソッド
  • メソッド A
  • メソッド B
  • メソッド C
  • メソッド D

オールラウンダー

Aflowは高度に自動化されています:ボタンを押すだけの簡単なクリーニングと定義済みの事前圧縮、または無限に設定可能な試験負荷のいずれであっても、Aflow押出しプラストメータはあらゆる試験タスクに対応します。

Aflowは、大量の試験を行うラボ用に特別に開発されました; これは、その堅牢な設計と便利な操作性に反映されています。ISO 1133やASTM D1238など、確立されたすべてのグローバル規格をサポートしています。Aflowを使用して、メソッドA、B、C、およびDへのメルトマスフローレート(MFR)およびメルトボリュームフローレート(MVR)を決定できます。

Aflow 押出しプラストメーター概略

自動化されたAflow 押出しプラストメーター

押出しプラストメーターは、ISO1133およびASTMD1238のメソッドA、B、C、およびDまで、押出し試験のすべての一般的な規格と手順をサポートしています。

アドバンテージと特徴

アドバンテージと特徴

アドバンテージ
アプリケーション
クリーニング
直感的でワークフローベースのタッチパネル操作
複数設備導入のスペースセーブ

アドバンテージ

理想的な試験シーケンス - 時間の節約と快適な操作性

空気圧式プレコンパクション機能により、ボタンを押すだけでポリマーを定義し、均一にプレコンパクションすることができるため、時間と労力を節約できます。試験後の試験手順をさらに簡便にするために、最大80 kgの力で押出バレルから残りの材料を排出し、ボタンを押すだけで空気洗浄装置でクリーニングすることができます。

50Kg 迄のステップレスな試験荷重による柔軟性

Aflowの試験荷重は、0.325 kgから50 kgまでステップレスに調整できます。ソフトウェアへの事前設定により、メソッドDのマルチステージを簡単に実行できます。これにより、単一のバレル充填で、異なる重量ステージのいくつかの試験を実行できます。

 

アプリケーション

スピード、オペレーターからの独立性、高い試験結果の再現性–これらすべては、R&Dや生産管理などの24時間運用で重要です。

Aflowの特徴は、高度な自動化です - ボタンを押すだけで簡単にクリーニングおよびプレコンパクションができ、ステップレスな試験荷重の設定が可能です - Aflowはユーザーの試験要求を満たします。

Aflowは、最新のタッチディスプレイによるスタンドアロンモードで、あるいはツビックローエル試験ソフトウェアを搭載したPCで操作できます。

Aflow押し出しプラストメーターの基本バージョンは、方法A、B、C、およびDに従ってMFRおよびMVR試験を実行するように設計されています。これは、自動押出しカッターとバランスを使用して行うことができます。試験は以下の規格に準拠して行うことが出来ます:

  • ISO 1133, ASTM D1238, ASTM D3364, JIS K 7210.
Focus_ユーザー_クリーニングポジション__FO

クリーニング

Aflowの空気式クリーニング装置により、設定圧力でクリーニングおよびプレコンパクションを行うことができます。Clean and Pre-compactオプションでは、クリーニングとプリコンパクションの圧力を可変に調整できる一方、クリーニングユニットのスイッチで、2つの圧力ステップのいずれかを選択できます。

タッチスクリーン-fo

直感的でワークフローベースのタッチパネル操作

  • 新しい標準化されたオペレーティングフィロソフィーにより、オペレーターは装置とPCの間を簡単に移動でき、常に快適に操作できます。
  • 全ての関連する試験設定はグループ化され、ハイレベルな設定とは区分けされます。実際の試験の設定はガイドに従って実行できます。保存されている試験設定は簡単にエクスポートでき、他の装置へ移すことが可能です。
  • ユーザーマネジメント機能によりユーザーが選択するオプションを最低限にすることが出来ます。ユーザーは自分にとって必要なファンクションしか目にしないため、自分のタスクに集中、すぐにオペレーションをスタート出来ます。
  • MVRは、スタンドアロンモードおよびツビックローエル試験ソフトウェアでグラフィック形式で”ライブ”に表示されます。これにより、測定中に溶融プロセスと挙動の両方を正確に追跡できます。
6台-装置-1pc-aflow-mflow-fo

複数設備導入のスペースセーブ

複数の装置を持つ試験ラボでは、testXpert III は1つのPCで6つの Aflow あるいは Mflow メルトフロー試験機 をセットアップし制御する事が可能です。セントラルオペレーションとワークスペースが1つになる事でのスペースセーブになり、1人のオペレーターが全ての試験をケアしています。試験のプロセス管理にはモニターを2つ使う事を推奨します。

testXpert III で押出しプラストメーターを操作する上でのベネフィット:

  • 空気の混入などで発生し測定エラーにつながるバブルを自動で検知しています
  • メルトフローのライブ表示機能では、メルティングのプロセス、測定中の挙動、ピストンスピードなどが試験開始時 cm³ per 10 min あるいは in g per 10 min でグラフィックや数字で表示されます。

テクニカルオーバービュー

Aflow押し出しプラストメーターの基本バージョンは、方法A、B、C、およびDに従ってMFRおよびMVR試験を実行するように設計されています。これは、自動押出しカッターとスケールを使用して行うことができます。試験は以下の規格に準拠して行うことが出来ます:ISO 1133, ASTM D1238, ASTM D3364, JIS K 7210.

Aflow

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • プロダクトパンフレット:押出しプラストメータ PDF 3 MB
  • プロダクトインフォメーション:Aflow 押出しプラストメーター PDF 90 KB

プラスチックの試験

メルトフローインデックス試験

ISO 1133
ISO 1133-1及び-2、ASTM D1238、その他の類似した規格に準拠した充填、非充填の熱可塑性プラスチックのメルトマスフローレート(MFR)およびメルトボリュームフローレート(MVR)の決定。
行先 メルトフローインデックス試験

プラスチック

60年以上にわたってツビツクローエルはプラスチックとゴムの試験にマシーンや装置を開発し続けてきています。何世代にもわたる研究者、開発者、品質保証のスペシャリストは、ツビックローエルの試験機を使い続けています。
行先 プラスチック

関連する製品とアクセサリー類

Top