ページコンテンツへ

熱可塑性樹脂および熱硬化性モールディング材料

  • 成形材料の特性評価の重要な側面は、試験結果の異なるラボ間での再現性です。
  • 試験片の作成、試験片の形状、試験シーケンスはすべて詳細に規定されており、
  • 繰返し性 及び トレーサビリティーに対して厳格さが要求されます。
  • 品質管理では、評価の基本的な基準は、一定期間にわたる測定値の変化です。
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

成形材料の特性評価における重要な試験

引張試験

ISO 527 -1, ISO 527 -2, ASTM D638
プラスチック成形コンパウンドの引張試験:ISO 527-1/-2 及び ASTM D638:引張応力、ひずみ、引張弾性率、降伏点、破断点、ポアソン比の測定が試験と必要な製品ポートフォリオの目的です。
行先 引張試験

衝撃試験

とりわけ、ISO 179、 ASTM D6110、 ISO 180、 ASTM D256
衝撃試験は、より速い変形速度での材料の挙動を決定するために使用されます。ここでは、とりわけ、シャルピー試験(ISO 179-1)、計装化シャルピー試験(ISO 179-2)、アイゾット試験(ISO 180)、引張衝撃試験(ISO 8256)、パンクチャ―試験(ISO 6603-2)に関する情報が用意されています。
行先 衝撃試験

3点曲げ試験

ISO 178
ISO 178 及び ASTM D790に記載の3点曲げ試験は硬化、半硬化プラスチックのクラシックな特性値を求める試験方法です。典型的な試験結果には、曲げ弾性率、3.5%伸びでの応力、降伏点および試験片破断時の応力と伸びが含まれます。
行先 3点曲げ試験

メルトフローインデックス試験

ISO 1133
ISO 1133-1及び-2、ASTM D1238、その他の類似した規格に準拠した充填、非充填の熱可塑性プラスチックのメルトマスフローレート(MFR)およびメルトボリュームフローレート(MVR)の決定。
行先 メルトフローインデックス試験

HDT VSTの決定

とりわけ、ISO 306、 ASTM D1525、 ISO 75、 ASTM D648
ISO 306、ASTM D1525、ISO 75、ASTM D648の熱たわみ温度(HDT)とVCAT軟化温度の決定
行先 HDT VSTの決定

硬さ試験

ISO 7619-1, ISO 868, ASTM D2240, ISO 2039-1/-2, ASTM D785, ISO 19278
プラスチック業界には硬さ試験するために使用されるさまざまな方法があります。以下のメソッドを紹介します:ボール押し込み硬さ:ISO 2039-1、ロックウエル硬さ:ISO 2039-2、ASTM D785、計装化硬さ試験:ISO 14577-1、ショア硬さ:ISO 868, ASTM D2240, ISO 7619
行先 硬さ試験

クリープ試験

ISO 899-1, ISO 899-2, ASTM D2990, ISO 16770
クリープ試験:クリープは多くの場合、1,000時間にわたって実行されます; 試験片のひずみを記録して、長期的な挙動実測します
行先 クリープ試験

全自動

プラスチックの成形材料試験の自動化は試験結果の統計的なバラツキを減少させます。ツビックローエルはこのアプリケーションに正しい自動試験システムを提供しています。
行先 全自動

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top