ページコンテンツへ

硬さ試験

ISO 7619-1, ISO 868, ASTM D2240, ISO 2039-1/-2, ASTM D785, ISO 19278
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

硬さ試験の方法

プラスチック業界には硬さ試験するために使用されるさまざまな方法があり、それぞれの方法は異なる測定目的があります。ナノ、マイクロ、マクロまで範囲があります。

ショア硬さ(ここではアナログ) ISO 7619-1、ISO 868、ASTM D2240

  • ISO 7619-1, ISO 868 及び ASTM D2240 に準拠したショア硬さの測定は、ポータブル硬度計で簡単に実施できる試験方法です。このメソッドは品質管理で広く使用されており、マクロ的な試験方法の一つです。ラボでの試験では、テストスタンドと組み合わせて装置を使用することをお勧めします。
  • 試験は、材料の圧子の押し込み深さを測定します。圧子は、決められた特性を持つばねによって負荷がかけられます。試験する材料の硬度が高いほど、くぼみの深さは浅くなります。 しかし、圧子の負荷が高くなります。試験荷重は、ショアAで10 N、ショアDで50 Nです。
  • 圧子の形状とばねの特性の違いにより、さまざまなショアスケールが確立されています。最もよく知られているスケールは、ショアAおよびDです。他のスケール、たとえば、ショアB、C、0、00、000、およびD0は、特定のアプリケーションに適用されます。このアプリケーション領域は、軟質エラストマー(ショアA)から熱可塑性樹脂(ショアD)までの範囲です。
  • デジタルショア硬度計
    ツビックローエルは、アナログまたはデジタルディスプレイとPC接続オプションを備えたショア硬度計を提供しています。

ボール押込み硬さ ISO 2039-1

  • ISO 2039-1 に準拠したボール押込み硬さ試験はヨーロッパのラボでは広く採用されています。一定の試験荷重で、直径5mmの球状圧子をプラスチック試験片に押し込みます。荷重下の押し込み深さは、硬度値の決定変数です。規格では、くぼみの深さが0.15mm〜0.35mmの範囲に制限されるように、試験荷重の選択を定義しています。
  • 高い試験荷重と深いくぼみにより、広い試験面での測定が可能になり、測定値の正確な平均値が得られます。この試験方法は充填、非充填プラスチック両方の測定に最適です。

ロックウェル硬度計 ISO2039-2、ASTM D785

  • ISO 2039-2 及び ASTM D785 プラスチック試験の様々なロックウエル硬さスケールを定義しています。
  • 荷重下で押込み深度を測定するボール押込み硬さとは対照的に、ロックウェル法では、押込み深度は決められた予荷重で測定されます。ロックウェルスケールに対応するさまざまな圧子があります。

計装化硬さ試験 ISO 19278 (ドラフト)

  • トータルの力-押込み深度挙動の連続測定基づく硬さ試験方法は、計装化硬さ試験として知られています。
  • 単一の硬度値の形式のマルチポイントデータに加えて、これらのメソッドは、その他の材料特性を示す完全な曲線シーケンスを生成します。計装化され記録された硬さ測定は、従来の硬さ測定を拡張したものとなります。
  • 一般に、計装化硬さ試験は、ナノ、マイクロ、またはマクロに分類されています。圧子には、球形、円錐形、四角錐形(ビッカース)、三角錐形(ベルコビッチ)など、さまざまな形状を持たせることができます。
  • サブミクロン構造の材料、数ナノメートルから1マイクロメートルまでの構造は、マイクロ硬度法で測定できます。充填ポリマーや強化ポリマーおよびポリマーブレンドは、マクロ法で測定されます。つまり、高荷重が適用されます。これにより、母材の挙動や繊維やフィラーが硬さが測定に大きな影響を与えるのを防ぎ、データのばらつきが大きくなりすぎないようにします。
  • この方法は、ISO 14577-1で定義されている金属に対して規格化されています。最初の ISO 19278のドラフト がプラスチック関連として存在しています。
ロックウェル硬度計
  • ツビックローエルのロックウェル硬さ試験機は、アクセスが困難な箇所の硬さ試験用の圧子ホルダーを備えています。
  • ZHRプロダクトラインの硬度計は以下のメソッドをカバーしています:
    • ISO 6508及びASTM E18に準拠した通常のロックウエルメソッド (ZHR4150) 予荷重:10 kg試験荷重:60, 100, 150 kgスケール:A B C D E F G H K L M P R S V
    • ISO 6508及びASTM E18に準拠したスーパーフィシャルロックウエルメソッド (ZHR4045) 予荷重:3 kg試験荷重:15, 30, 45 kgスケール:N T W X Y
    • ISO 6508及びASTM E18に準拠したユニバーサルロックウエル(ZHR8150) 予荷重:3, 10 kg試験荷重:15, 30, 45, 60, 100, 150 kgスケール: A B C D E F G H K L M N P R S Y V W X Y
    • ISO 2039-2及びASTM D785 (A&B)に準拠したプラスチックのロックウエル(LKP)

関連する製品

Top