ページコンテンツへ

ISO 6508/ASTM E18 のロックウエル硬さ試験

ロックウェルの硬度試験方法は簡単で、試験片を準備して試験を実行するのに要する時間はあまりかかりません。

圧子を t0 の深さまで、試験プレロードF0の荷重下で試験片に押しいれていきます。この押込みの深さは、次の測定の基準レベルとなります。深度測定値がゼロとされた後、試験荷重Fmにより、さらに荷重を加え一定に保持します。その後圧子は押込み深さt1に到達します。

負荷をかけた後、その負荷は試験のプレロードF0まで戻されます。圧子は、押し込み深さの弾性部分だけ移動し、残りの押し込み深さhに戻ります。 次に、ロックウェル硬度がさまざまなスケールに従って決定されます。

ロックウエルのアドバンテージ

  • 硬さの値はインデント後に直接読み取ることができる(または表示される)ため、試験は短時間で済みます。
  • 自動化が可能。
  • 試験装置は比較的安価 - 光学測定ユニットは不要。
  • オペレーターの影響を排除 - 硬さ値は直接表示されます。

ロックウエルのディスアドバンテージ

力の流れにおける試験片およびその他のコンポーネントの恒久的な変位が原因で、試験シーケンス中にエラーが発生する可能性があります。

  • 高試験荷重のため、焼入れされた試験片を試験するには限定的な能力しかありません。
  • ダイヤモンド圧子は損傷に敏感で、結果として測定エラーのリスクがあります。
  • 硬度の差が少ない。
  • 円錐圧子を使用した場合の圧子が試験結果に及ぼす影響。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ロックウエル試験に最適な硬さ計

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:金属 PDF 8 MB
Top