ページコンテンツへ

ISO 6506/ASTM E10 のブリネル試験

ブリネルの硬さ試験方法は、軟かい金属から硬い鋼までの試験に適しています。

ブリネル試験で使用される圧子は、直径D = 10; 5; 2.5または1 mmの硬質金属ボールでできています。 圧子は試験力(標準で1 kgから3000 kg)で試験片に押し付けられ、保持時間に従って保持されます。 

ブリネル硬度を計算するために、試験片の圧痕に対して2つの垂直径を試験片表面で測定します。さらに、試験力Nと球形の圧子の直径が必要です。

ブリネルのアドバンテージ

  • 不均一性の程度が圧痕に比べて小さい場合、不均一な材料の硬度試験に適しています(大きな圧痕があるため)。
  • 鍛造品、鋳造品、熱間圧延、熱間プレス、熱処理品などの大きな未完成部品の硬度試験に適しています。
  • 有効な試験力方向での試験片があるため、測定誤差はありません。
  • 高剛性な圧子。

ブリネルのディスアドバンテージ

  • 最大ブリネル硬度650 HBWに使用が制限。
  • 小さいまたは薄壁の試験片での試験には制限有り。
  • 圧痕径の測定には時間がかかります。
  • 押込み中の試験片への比較的高いレベルの損傷。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ブリネル試験に最適な硬さ計

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:金属 PDF 8 MB
Top