ページコンテンツへ

DuraVision マクロ硬度計

万能硬さ試験 - 手動から全自動まで ダウンロード
試験方法
  • ビッカース
  • ヌープ
  • ブリネル
  • ロックウェル
  • カーボン試験
  • プラスチック試験
試験荷重
  • 0.3- 250 kg
  • 3- 3,000 kg
バーション
  • ハンドル操作バージョン
  • モーター駆動試験ユニット
  • 全自動の試験シーケンス
  • PC、ディスプレイ、クランピングジョーまたはタレットのないライトバージョン
規格
  • ISO 6506
  • ISO 6507
  • ISO 4545
  • ASTM E384
  • ASTM E92
  • ASTM E10
  • ISO 6508
  • ASTM E18
  • DIN 51917
  • ISO 2039

DuraVision マクロ硬度計の概要

  • DuraVision は、さまざまな試験タスクを解決し、マクロ硬さ試験アプリケーションでの効率性で知られています。
  • 過酷な産業環境でも、この硬さ試験機の信頼性の高い性能が期待でき、常に適用規格に準拠しています。
  • 実用的なテンプレートと包括的なヘルプ機能により、マクロ硬さ試験がシンプルになり、あらゆるユーザーにとって理解しやすくなります。正確な硬度値は、さまざまな材料や部品の形状に対して決定されます。鋼、銅、アルミニウム、またはその他の材料でできているかどうかにかかわらず、平らな表面、チューブとパイプ、または球体を試験します。

プロダクトアドバンテージ

  • 荷重範囲 0.3 - 3,000 kg
  • ビッカース、ヌープ、ブリネル、ロックウェル、カーボンおよびプラスチック試験
  • クランプおよびアンクランプ試験
  • 自動試験シーケンス
  • タッチディスプレイまたは PC による制御
  • 半自動および全自動バージョン

動画:DuraVision マクロ硬度計 アプリケーションレンジ

使用目的 生産目的やラボ

  • DuraVision はさまざまなモデルで幅広いアプリケーションをカバーし、ハンドホイール操作バージョン、電動クランピングインサートインフィード、または完全自動硬さ試験機として広範な試験タスクに適しています。
  • 使いやすい硬さ試験ソフトウェアは、単一の試験だけでなく、複雑な試験タスクでもオペレーターをサポートします。

現在の基準による硬度試験

  • 当社の DuraVision シリーズは、ビッカース、ブリネル、ロックウェル、ヌープ、プラスチック試験、カーボン試験などの試験方法で、0.3 ~ 250 kg または 3 ~ 3,000 kg の幅広い荷重範囲を提供します。すべての方法は、ISO 6506、ISO 6507、ISO 45452、ASTM E384、ASTM E92、ASTM E10、ISO 6508、ASTM E18、DIN 51917、および ISO 2039 規格でカバーされています。
  • すべての試験方法で、試験結果の信頼性が高く、最高レベルの精度で試験片を試験できます。
  • 自動試験点評価と自動輝度制御により、硬さ試験がこれまで以上に効率的かつ正確になります。

さまざまな素材や形状の硬さを試験

  • 鋼、アルミニウム、真ちゅう、亜鉛、金、セラミック、カーボン、プラスチックのいずれであっても、適切な試験方法で、あらゆる環境で正確な試験結果を生成します。
  • 試験片は、標準の試験用アンビル、特別なプリズム、平面または球状の試験用アンビル、またはその他の試験片固定具に直接配置または固定されます。完全に自動化されたモデルでは、埋め込まれた試験片またはマトリックスに試験片グリップを使用することもできます。

硬さ試験方法 – 適切な試験方法により深く見通す

  • モデルに応じて、0.3 ~ 250 kg または3 ~ 3,000 kgの荷重範囲をカバーします。

  • マクロ硬度計は、硬さ試験アプリケーションの光学的方法と差分深さ方法をカバーしています。 これには、ビッカース、ブリネル、ヌープ、またはロックウェルが含まれます。

  • さまざまなレンズが材料の硬度と試験負荷に基づいており、試験結果を高解像度で表示します。 試験結果は、業界標準に従って他の硬度値に変換できます。

DuraVision - 信頼できる結果と高い投資収益率

  • DuraVision 硬度計への投資により、硬さ試験プロセスのコストが大幅に削減されます。 試験タスクの迅速かつ簡単な準備、反復試験用のテンプレートの保存機能、および試験プロセスの完全自動化により、硬さ試験の操作時間が短縮され、お客様は日常的に時間とコストを節約できます。
  • 直感的な試験ソフトウェアプラットフォームにより、プログラムと信頼性の高い操作に慣れるのに時間がかかりません。

DuraVisionの比較

DuraVisionの比較
DuraVision 20/30 Lite DuraVision 20/30 DuraVision 200/300 DuraVision 250/350
万能硬さ試験機 DuraVision 20/30 万能硬さ試験機 DuraVision 200/300 万能硬さ試験機 DuraVision 250/350
負荷範囲 0.3-250 kg / 3-3,000 kg 0.3-250 kg / 3-3,000 kg 0.3-250 kg / 3-3,000 kg 0.3-250 kg / 3-3,000 kg
測定タレット 2通り旋回チュレット 星形チュレット 星形チュレット 星形チュレット
ディスプレイ PC ディスプレイ ディスプレイ PC
自動化のレベル 半自動 半自動 半自動 全自動
ソフトウェア ecos ワークフロー Touch ecos ワークフロー Touch ecos ワークフロー Touch ecos ワークフロー Pro
コンポーネントの配置 手動 手動 手動 リニアテーブル
試験片フィード ハンドル ハンドル モーター駆動試験ユニット モーター駆動試験ユニット

 

製品についてご質問はありますか?

我々の専門家へいつでもコンタクトをしてください。
皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

DuraVisionの機能

試験片グリッピング
シングル測定
ユーザ管理
測定データ評価
試験アンビル
試験片をクランプするDuraVision試験片をクランプするDuraVision

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

試験片グリッピング

より複雑な部品形状の場合、クランプジョーを 1 つだけ使用するか、クランプをまったく使用しないで試験することもできます。

DuraVision シングル ビッカース測定DuraVision シングル ビッカース測定

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

シングル測定

ほんの数ステップで、ソフトウェアが試験プロセスをガイドします。必要な方法と試験荷重を設定し、タッチスクリーンを使用して適切な場所を検索し、硬さ試験を開始します。すべての試験ポイントは棒グラフと統計表に要約され、結果の有益な概要を提供します。個々の試験ポイントをより正確に分析するために、「結果」フィールドに生成されたリストを提供します。

DuraVision ユーザー管理DuraVision ユーザー管理

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

ユーザ管理

各ユーザーに個別の権限を設定します。ユーザー権限は、異なるグループを作成して各ユーザーに割り当てることによって定義されます。ユーザーは、パスワードで保護されたアクセスを介してログインします。

DuraVision 測定データ管理DuraVision 測定データ管理

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

測定データ評価

事前に試験を計画し、特定の測定データグループを各コンポーネントに割り当てます。グループを選択すると、試験結果が個別に保存され、リスト形式で収集されます。グループ化された測定データ管理機能を使用して、試験データを特定のユーザー、ユーザーグループ、コンポーネント、バッチ、または部門に割り当てます。

DuraVision テストアンビルDuraVision テストアンビル

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

試験アンビル

コンポーネントのサイズと形状に応じて、便利な試験手順のためにさまざまなオプションの試験アンビルを提供しています。これにより、適切な試験用アンビルを使用して、ブレーキディスク、バルブ、チューブとパイプ、球状のコンポーネント、またはエンジンブロックの硬さ試験を簡単に行うことができます。シンプルなプラグインシステムにより、すべての試験用アンビルを簡単に交換できます

全自動 DuraVision 250250/350 の機能

複数測定
テンプレートの特徴
シングル測定
再測定
DuraVision 250/350 シリーズの測定DuraVision 250/350 シリーズの測定

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

複数測定

試験ポイントエディターは、互いに正確な距離で試験ポイントを作成するのに役立つ便利な機能です。ただし、評価カメラ、オーバービューカメラ、またはパノラマを使用して、試験片上にラインを直接設定することもできます。個々のポイントは、マウスクリックで画像に配置されます。試験ポイントは、ラインツールとポリゴンラインツールを使用してラインに自動的に配置することもできます。アプリケーションに応じて、コンポーネントのエッジまたは試験ポイントまでの距離は、規格に従って正確に決定されます。

DuraVision テンプレート機能DuraVision テンプレート機能

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

テンプレートの特徴

事前にテンプレートを作成することで、全自動硬さ試験機で作業を大幅に短縮できます。テンプレートの使用は、同じタイプの試験片での試験、または常に特定のパラメータセット (公差、試験方法、試験点パターン、幾何補正など) を持つ試験片を頻繁に試験する場合に推奨されます。保存されたテンプレートには、試験パラメータ (メソッド、試験負荷、変換、および幾何補正) と、試験片基準点を含む完全な試験ラインを含めることができます。測定済みの試験片をテンプレートとして使用することもできます。テンプレートを開いた後、基準点を試験片の特定の位置に合わせるだけで、硬さ試験を開始できます。

DuraVision シングル測定DuraVision シングル測定

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

シングル測定

硬さ試験機ソフトウェアは、試験プロセスを段階的にガイドします。方法を決定したら、ライブ画像から 1 回の測定に適した位置を探します。数回クリックするだけで、試験プロセスが承認され、生成された値が試験ポイントリストに保存されます。棒グラフと統計表は、コンポーネントの品質に関する有用な情報を提供します。

DuraVision によるくぼみの再測定DuraVision によるくぼみの再測定

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

再測定

自動試験ポイント評価は、試験ポイントの自動評価のための正確なアルゴリズムで動作します。表面状態、試験方法、材質によっては、試験箇所の再測定が必要になる場合があります。ecos Workflow を使用すると、すべてのポイントを再測定または別のレンズで評価できます。表面の損傷によりくぼみが結果につながらない場合は、新しい点に置き換えることもできます。

DuraVision 250/350のオプション機能

ギアMASTERを使用してのギア試験
基準線 - LINEplus
ecos AUTOROW による試験片エッジの自動検出
CHD、NHD、SHD 試験
硬度マッピング - areaMASTER
パノラマビュー
ポリライン
CHDライン用DuraVision 250/350 ギアMASTER CHDライン用DuraVision 250/350 ギアMASTER

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

ギアMASTERを使用してのギア試験

このオプション機能は、完全に自動化されたすべての DuraScan および DuraVision 硬度計で利用できます。このモジュールは、規格に準拠したギア試験片の簡単で正確な試験を可能にします。CHD、NHD、および SHD のラインは、歯のベース、側面、およびギアの軸に設定できます。ライン構成の基本は、歯の根元から 30°の接線です。設計に基づいて、コア硬度ポイントが正確に配置されています。テンプレート機能を使用すると、ギアを迅速、効率的かつ再現的に試験できます。このツールは、歯の負荷試験に関する一般的なガイドラインを満たし、ecos Workflow 硬さ試験ソフトウェアのオプションの拡張機能として利用できます。

DuraVision 250/350 LINEplus基準線DuraVision 250/350 LINEplus基準線

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

基準線 - LINEplus

ecos LINEplus ソフトウェアモジュールには、正確な寸法仕様に従って試験片に試験ポイントとラインを配置するのに役立つ一連の参照ツールが含まれています。すべての始点と終点には、試験ポイントのスナップ機能があります。参照線とポリラインはいつでも編集できるようになり、すべての試験ポイントとともにテンプレートとして保存できるようになりました。

DuraVision 250/350 による試験片エッジの検出DuraVision 250/350 による試験片エッジの検出

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

ecos AUTOROW による試験片エッジの自動検出

ecos AUTOROW により、試験片の端に試験ラインを正確に自動配置できます。これにより、全自動硬度計の効率が大幅に向上します。tを使用すると、オーバービューカメラに事前に配置されたラインの開始点 (Tカーソル) を、試験片の端に自動的に配置できます。エッジは測定カメラの画像で自動的かつ正確に検出され、ラインはその位置合わせに従ってシフトされ、次に試験片のエッジに対して直角に位置合わせされます。ここでは、ラインが試験片の端のわずかに外側に配置されているか、内側に配置されているかに違いはありません。この機能は、事前定義された試験片と組み合わせて使用するのに最適です。すべてのラインが事前定義されているため、残りは、ライブ概要画面の試験片基準点を使用してコンポーネント上で試験片を位置合わせするだけです。ecosAUTOROW を使用すると、マウスをクリックするだけで、細かい位置決めが自動的に実行されます。

DuraVision 250/350 CHD, NHD, SHD 試験DuraVision 250/350 CHD, NHD, SHD 試験

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

CHD、NHD、SHD 試験

試験ポイントエディターのグリッド上の正確な測定値に従って、CHD、NHD、または SHD のラインを作成します。次に、ラインを試験片に配置します。画像内の位置決めは、評価カメラ、オーバービュー カメラ、およびパノラマ ビューでサポートされています。NHD 測定では、コア硬度ポイントを個別に定義できます。

DuraVision 250/350 硬度マッピングDuraVision 250/350 硬度マッピング

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

硬度マッピング - areaMASTER

ソフトウェアモジュールは複雑な硬さ試験のタスクを自動化により簡単にサポートする仕様となっています。このモジュールは、定義された表面または試験片のエッジに沿って多数の試験ポイントを配置したいラボユーザーをサポートします。統合された硬度マップ (表面の硬度分布のカラー表示) により、結果を最適に視覚化できます。硬度値や試験点の座標など、大量の情報も明確に表示されます。ロジック、透明性、および非常にシンプルな操作が、すべてのソフトウェア開発の取り組みにおいて重要な考慮事項であるためです。areaMaster は ecos Workflow 操作ソフトウェアに統合されており、操作の容易さを保証し、広範なエクスポートの可能性を提供します。

DuraVision 250/350 パノラマ ビューDuraVision 250/350 パノラマ ビュー

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

パノラマビュー

高解像度オーバービュー カメラを使用して試験片表面をスキャンすることにより、試験片のパノラマビューを作成します。これも HDR 品質で可能です。個々の画像は、1 つの高解像度のパノラマ画像にマージされます。試験ポイントと試験ラインの両方をパノラマ画像に直接配置できます。評価カメラのライブ画像は、オフライン画像にオーバーレイとして追加表示されます。これにより、重要な領域をより正確に分析できます。スティッチング機能により、評価用カメラによるパノラマに大規模な詳細画像を重ね合わせることができます。試験片の理想的なビューには制限があります。

ポリラインに沿った DuraVision 250/350 試験ポイントの分布ポリラインに沿った DuraVision 250/350 試験ポイントの分布

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知。

ポリライン

ポリラインを使用すると、コンポーネント上の特定のパスの輪郭や表面を描くことができます。さまざまな配布オプションを使用して、ライン上で必要な数の試験ポイントを配布します。また、オフセット上に点を配置したり、描画領域をさまざまな点で塗りつぶしたりします。すべてのはラインテンプレートとして保存でき、試験プロセスの迅速な支援として機能します。

DuraVision マクロ硬度計用アクセサリー

硬度計を詳しく見ると、長年の開発に裏打ちされた多くの利点がはっきりとわかります。DuraVision は現在第 5 世代であり、過去数十年にわたってお客様から受け取ったフィードバックに基づいた多くの改善が含まれています。今日、私たちは硬さ試験機市場のパイオニアとしての地位を維持するために、機械に最新の技術を使用し続けています。

その他の硬度計

アプリケーション

ロックウェル硬さ試験用金属
ISO 6506 、ASTM E10
行先 ロックウェル硬さ試験用金属
ロックウェル硬さ試験用金属
ISO 6508 、ASTM E18
行先 ロックウェル硬さ試験用金属
ビッカース試験用の金属
ISO 6507, ASTM E92, ASTM E384
行先 ビッカース試験用の金属

ダウンロード

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 製品情報:DuraVision 20/30 PDF 2 MB
  • 製品情報:DuraVision 200/300 PDF 2 MB
  • 製品情報:DuraVision 250/350 PDF 1 MB
Top