ページコンテンツへ

圧縮特性/圧縮応力値/圧縮応力-ひずみ特性

ISO 3386, ASTM D3574-C および工場規格

圧縮応力値は特定の環境条件下での試験片が表面全体に受ける耐圧性を指します。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

圧縮応力曲線

このシナリオでは、試験片の変形挙動は相対的に複雑です。純粋な圧縮変形が中心で優勢である一方で、対応するせん断を伴うセル構造の横方向の動きは、側面の切断面の近くで発生します。このため、この試験方法を使用して、さまざまな寸法の試験片から決定された測定値を効果的に比較することはできません。

この試験の規格

標準の試験片は、横エッジの長さが5または100 mmの2次断面です。 ASTM D3574は、円形の断面と57 mmの直径の追加の試験片を指定しています。

  • ASTM D3574 test C
  • BMW QV 52009-1
  • Daimler DBL 5452
  • General Motors GMW 15471
  • General Motors GME-GMI 60283-8
  • ISO 3386-1, ISO 3386-2
  • PSA D 41003
  • PSA D 411541
  • Renault N°1002
  • Renault N°1541
  • Toyota TSM 7100 G Section 4.2
  • Volkswagen PV 3410

一般に、試験では3つの予荷重サイクルと、その後に特性値が決定される測定サイクルで構成されます。試験片の試験前の高さは、最初の予荷重サイクルの開始時に試験機によって直接測定されます。ASTM D3574では、高さと変位ゼロ点はサイクル測定前に.再度決定されます。このメソッドの派生が色々な工場や生産現場で使用されています。

Renault PSA で使われているめメソッドはare 例外です。試験は合計5つの試験サイクルで構成され、最初と最後のテストサイクルが評価されます。変位量測定の精度を高めるために、この規格では機械の変形の補正を指定しています。これらの補正オプションは、すべてのツビックローエル試験機で標準機能として利用できます。

密度測定プロセスも、試験シーケンスに組み込む事ができます。密度は、PCに接続されているスケールを使用して測定されます。

軟質弾性ポリマーフォームの圧縮応力値

ツビツクローエル材料試験機 ProLine、コンポーネント試験

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top