ページコンテンツへ

硬質、軟質ポリマーフォームの試験

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

軟質フォーム

何よりもまず、軟質フォームは快適さを提供します。その顕著な特徴は、減衰と絶縁にあります。PUで作られたエンジニアリングフォームは、マットレス、家具や車両のクッション、その他の断熱や防音を必要とするさまざまな用途に使用されています。軟質フォームを使用するその他の用途は、フィルター、パッケージ、シール、およびスポンジです。これらの用途では、PEなどの他のポリマーも使用されます。

試験方法は ISO 規格 や ASTM D3574 に定義されています。車両シートのクッションと背もたれは、自動車業界のOEMによって定義されている 会社規格に基づいてテストされています。時効試験は国際規格には見られない 特別な試験方法があります。

ツビックローエルはこのタイプの試験ではグローバルリーダーです。C-フレーム試験機 では大きなフォームピースの試験を簡単に実行で来ます。標準的なマシンを使用して、より小さな標準試験片を試験できます。フォームテスト用の、testXpertソフトウェア は圧縮応力値、押し込み硬さ、圧縮特性、引張強度、および引裂成長挙動を測定するためのすべての要件を満たします。標準テストプログラムは、個々の規格に準拠するように事前定義されています。つまり、試験シーケンスが正しく、結果が正確に評価されていることを確認できます。

ツビックローエルは、疲労試験用の特別な電気機械式試験機を提供しています。この耐久性のあるマシンは、高速の試験スピードと高速の方向変更用の試験に設計されています。このため、このタイプのマシンは標準試験片の疲労試験に最適ですが、静的試験を行って圧縮強度、押し込み硬さ、厚さおよび硬さの損失を測定することもできます。

さらに、ツビックローエルは、試験片の準備、かさ密度測定、反発弾性、およびショア硬度用のデバイスを提供しています。

硬質ポリマーフォーム

硬質ポリマーフォームは、建築物や冷蔵庫で断熱材として、住宅では防音材として、飛行機や風力タービンではサンドイッチ構造の複合材のコア材料として使用されています。

また、包装技術にも使用されています。このタイプのフォームは発泡フォームであり、発泡ポリマーを意味します。ポリウレタン(PU)、ポリスチレン(EPS)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリプロピレン(EPP)、およびフェノール樹脂(PF)で作られた硬質フォームも広く使用されています。発泡体は、独立気泡または連続気泡発泡体として、または固体外部および発泡気泡コアを備えた一体型発泡体として製造されます。

これらの材料の場合、試験方法もアプリケーションの領域に基づいています。熱特性と火災挙動の測定は重要な役割を果たします。圧縮およびせん断試験は主な機械的試験方法ですが、引張り特性も重要です。

機械的材料特性値を測定のために重要な試験規格: 

  • ISO 844-圧縮特性の求め方
  • ISO 1922-せん断強度の求め方
  • ISO 1926-引張特性の求め方
  • EN 1607-面に垂直な引張強度の求め方
  • ISO 1209-1-一般的な曲げ試験
  • ISO 1209-2-曲げ強度と見かけの曲げ弾性率の求め方
  • ISO 7616-指定された荷重および温度条件下での圧縮クリープの求め方

押込み硬さ

とりわけ、ISO 53579-1、 ISO 2439、 ASTM D3574
車両のクッション、マットレスなどの成型フォームの押し込み硬さは、DIN 53579-1に準拠し、材料試験ではISO 2439、ASTM D 574に準拠しています。
行先 押込み硬さ

圧縮応力曲線

ISO 3386
特定の環境条件下での試験片が表面全体に受ける耐圧性
行先 圧縮応力曲線

引張特性/引き裂き強度

ISO 1798 and ISO 8067
ISO 1798 、ISO 8067、および工場規格の軟質フォームの試験
行先 引張特性/引き裂き強度

疲労試験

ISO 3385
ISO 3385, ASTM D3574の負荷一定下のフォーム材の長期間の挙動
行先 疲労試験

硬化フォーム材の圧縮試験

ISO 844, ASTM D1621, EN 826
圧縮強度、最大圧縮変形、圧縮弾性率は、負荷がかかった状態での短期的な変形挙動を示します。
行先 硬化フォーム材の圧縮試験

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top