ページコンテンツへ

軟質フォームの疲労試験

ISO 3385, ASTM D 3574
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

試験の目的

疲労試験 負荷一定下のフォーム材の長期間の挙動を決定します。たとえば、自動車の運転中に車両の座席に加えられる荷重を表します。

ISO 3385,、ASTM D3574 あるいは多くの 工場規格 にこの疲労試験は記載されています。まず、無負荷時のクッションの押し込み硬さと試験片厚みを測定します。次に、フォームに何万回も荷重が加えられます。この負荷は、通常の気候条件または定義された湿度と温度条件下で加えられます。連続荷重を加えた後、保持期間後、試験片の厚さと圧縮応力値を再度測定します。試験結果は硬さと厚みの減少です。

疲労試験の規格

  • ASTM D3574 – test I3
  • BMW QV 52009 Part 2
  • Daimler DBL 5452
  • General Motors GMW 15471
  • General Motors GME 60283 Part 8
  • ISO 3385
  • PSA D 42 1047
  • Renault n°1047
  • Toyota TS M7100G – 4.8

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

疲労試験に対して、ツビツクローエルはは高負荷レートの電気機械式試験機を用意しています。この試験装置は押込み硬さ、圧縮応力値、繰返し負荷の測定で使用されます。

Top