ページコンテンツへ

硬化フォーム材の圧縮試験

ISO 844, EN 826, ASTM D1621
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

試験の目的

圧縮特性には圧縮強度、最大圧縮変形、圧縮弾性率は、負荷がかかった状態での短期的な変形挙動が含まれます。規格は、試験片の寸法と試験方法で異なります。

EN 826 及び ISO 844 では、圧縮盤の動きは通常、定義された最小精度での試験機のクロスヘッド移動によって測定されますが、ASTM D1621 では、試験機の自己変形を補償する追加の方法について説明しています。 

あるいは、すべての規格で、圧縮盤の直接変位測定が可能です。

ISO 844, Method B ではまた試験片の直接圧縮変形測定について記載されています。メソッドBは、変形データと、力を加える効果の影響が少ない圧縮弾性率を提供します。変形が大きい場合、圧縮球が形成され、再現可能な結果が得られないため、測定された変形は他の方法の変形と大きく異なります。 

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

ツビックローエルの試験機は、ASTM D1621の規格に記載の機械の変形を考慮しています。これにより、圧縮盤の動きを5マイクロメートルを超える精度で効果的に決定できます。直接変位測定による圧縮盤の動きの追加測定は必要ありません。ISO 844 Method Bの測定のために、ツビックローエルは、試験片の変形を正確に記録するための機械式および光学式変位測定システムを提供しています。

Top