ページコンテンツへ

クリープ試験

ISO 899-1, ISO 899-2, ASTM D2990, ISO 16770

クリープ試験は以下の規格に記載されています:ISO 899-1 ISO 899-2, と ASTM D2990.  ISO 16770 のフルノッチクリープ試験(FNCT)はパイプ試験に使用されます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

クリープ試験の目的

  • クリープ試験中は試験片は静的な荷重を受けます。これは、プラスチック製の多くのコンポーネントにかかる負荷に対応します。試験片のひずみは、多くの場合1,000時間続く試験片の過程で記録されます。このデータを使用して、プラスチックの長期的な挙動を表すクリープ曲線を生成できます。
  • クリープ試験は以下の規格に記載されています:ISO 899-1 ISO 899-2, と ASTM D2990.  ISO 16770 のフルノッチクリープ試験(FNCT)はパイプ試験に使用されます。
  • このタイプの試験は長期間にわたって実行されるため、複数の試験片を一度に試験するのが一般的です。このようにして、統計的に検証された試験結果を得ることが可能になります。試験機には複数の試験軸が装備されています。
  • コンディショニングは試験の重要な部分です。クリープひずみと重なる温度変動による熱膨張を防ぐ必要があります。このため、試験全体を通じて環境条件を一定に保つ必要があります。室温を超えるまたは下回る試験では、正確に制御された恒温槽が使用されます。
  • 試験片のひずみ測定は高精度なビデオ測定システム.を採用した最先端のクリープ試験システムで測定されます。恒温槽はオペレーターが正面からシステムにアクセスできるように、試験軸の後ろに取り付けられています。
  • 電気機械式クリープ試験機 Kappa マルチステーションは、試験軸毎にロードセルとドライブが備わっています。クリープ試験とともに、準静的試験方法に使用可能、例えば、ISO 527-2に準拠した引張試験.を実行できます。

引張クリープ試験 ISO 899-1

試験軸毎にそれぞれ引張試験用のグリップがついています。 ISO 527-2 に準拠した典型的な試験片タイプ1Aのような試験片に対して滑りのないグリップソリューションです。試験荷重は要件に従って計算され、衝撃を与えずに適用し、一定に保つ必要があります。

通常、温度と湿度はテスト全体を通して記録されます。

検体のひずみは、最先端の測定システムによって記録されます。testXpert III ソフトウェア へ測定インターバルを入力可能です。

試験結果は以下:

  • 引張クリープ弾性率及び公称引張クリープ弾性率
  • クリープ引張強さ
  • 対数時間軸に対するクリープ曲線
  • 対数時間軸に対するクリープモジュール時間曲線
  • 等時性応力-ひずみ曲線
  • リカバリーひずみ曲線

曲げクリープ試験 ISO 899-2

ISO 178 曲げ試験 に記載の3点曲げ試験治具は曲げ試験治具として使用されています。標準のISO試験片寸法は10x4x80mmで、多目的試験片の中央部分から採取されます。すべての曲げ試験と同様に、試験片の高さを注意深く測定する必要があります。

試験開始前に指定された試験荷重は、ポリマーの特性と使用目的に基づいており、衝撃を与えずに負荷されます。

たわみは試験装置の自己変形に対する補正後のダイの動きを使用するか、ビデオ測定システムを使用して測定されます。
通常、温度と湿度はテスト全体を通して記録されます。

試験結果は以下:

  • 曲げクリープ弾性率
  • クリープ曲げ強さ
  • 対数時間軸に対するクリープ曲線
  • 対数時間軸に対するクリープモジュール時間曲線
  • 等時性応力-ひずみ曲線

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top