ページコンテンツへ

熱可塑性パイプのクリープ挙動の決定

ISO 9967
名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:プラスチック&ゴム PDF 9 MB

試験の目的と実施

  • 設置後、地下パイプは広範囲の定圧負荷にさらされます。経験では比較的短時間で変形の増加はほぼ終息します。 
  • ISO 9967のクリープ試験はISO 9969のリング剛性 の決定の規格にその基盤があります。実際の変形はせいぜい2年で終了するため、42日間の測定で十分正確な特性値を得ることができます。
  • 試験中、パイプセクションには一定の半径方向の力がかけられます。この力は、リング断面積に対して1.5%の変形をもたらすように決定されます。この荷重の下で、リングの変形はある決められた間隔で読み取られます。ただし、最新の試験機では、リングの変形を連続的に記録することも可能になりました。
  • 2年後の想定される変形は、測定値の回帰直線の外挿法によって計算されます。ツビックローエル試験機では、このタスクと対数目盛の変形-時間ダイアグラムの表示は、testXpert III 試験ソフトウェアによって行われます。したがって、測定プロセス中のオペレータによる干渉は必要ありません。

この分野で適用されるその他の規格

  • ISO 899-2 - 3点負荷による曲げクリープ試験
  • ISO 7684-ガラスファイバー強化熱可塑性プラスチック(GRP)パイプ–乾燥状態下でのクリープ係数の決定
  • EN 761-ガラスファイバー強化熱可塑性プラスチック(GRP)パイプ–乾燥状態下でのクリープ係数の決定
  • EN 1862-ガラスファイバー強化熱可塑性プラスチック(GRP)パイプ–化学環境への暴露後の相対曲げクリープ係数の決定

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

関連する製品

Top