ページコンテンツへ

全自動試験システム

自動試験システムはディマンディングな試験要求事項に対応します。近年、要求される試験の数が増加傾向にあります。と同時に、試験片1本当たりの試験時間の効率化が強く要求されています。

ツビックローエル全自動機

ツビックローエル全自動機では、試験片は手動でマガジンに供給します。この瞬間から、全てが自動で処理され、必要ならば、ソーティングまで試験片を検査のために保持する事も。この自動化によって、ラボのスタッフはルーティーン業務から離れ、よりディマンディングな仕事に時間を使う事が出来ます。

試験仕様に応じて、ツビックローエルの自動システムには実に様々なデバイスを組み込む事が出来ます、特に測寸機は4つのそれぞれ独立したトランスデューサーが正確に断面積を測定いたします。

システムステータスをビジュアル化しリアルタイムでタブレットやPCに通知する機能も提供しています。お使いのブラウザー全てに対応しており、フルコントロール可能です。ビジュアル化によりアイドルタイムを削減し、ロボットシステムの稼動率が向上します。

モジュール化された設計思想によって、いつでもロボットシステムを手動機として使用可能にしました

ツビックローエル金属試験のロボット試験システムツビックローエル金属試験のロボット試験システム

このビデオを再生することにより、Cookieの使用と米国の YouTube へのデータ転送に同意したことになります。データのプライバシーに関するその他の通知 詳細を確認

> 600 全自動試験システムを世界中に納入しています
>30年 ノウハウと経験
約 40 新しいシステムを年間に納入しています

私たちは自動化において最新のトレンドをサポートしています - 信頼性の高い試験結果のために。

自動化のトレンド

金属向けロボット試験システム

ロボットシステムのモジュールデザインにより、所望の試験を効率良く再現性高く行う事が出来ます。モジュール化されたコンポーネントを利用したカスタマイゼーションも行っています。。我々のエキスパートチームが高度な要求事項にも自動システムでソリューションを提供しています。

プラスチック向けロボット試験システム

ロボットシステムのモジュールデザインにより、所望の試験を 様々な試験アプリケーションにおいて:効率良く再現性高く行う事が出来ます。

  • 熱可塑性樹脂および熱硬化性モールディング材料
  • フィルム
  • ポリマーフォーム
  • エラストマー
  • 複合材料

メディカルエンジニアリング向けロボット試験システム

特に信頼性の高い試験結果が求められる医療関係のエンジニアリングでは、モジュールデザインを応用して、ユーザー仕様に応じたカスタムメードのロボット試験システムを構築いたします。

典型的なアプリケーションの例:

  • オートインジェクターの試験
  • 注射ペン
  • シリンジ

繊維向けロボット試験システム

繊維材はその不安定な性質のため、自動でハンドリングするのは非常にチャレンジです。roboTest Fのスペシャルクランピングシステムでは、繊維材でも試験機へ正確にフィーディングすることが出来ます。

コンポーネント及びスペシャルアプリケーション向けロボット試験システム 

ロボット試験システムでは コンポーネント.の引張、圧縮、機能試験などを行うことが出来ます。ロボット試験システムではカスタマイズアプリケーション、例えば鉄鉱石ペレット、ホットセル、粗さや硬さ試験にも応用が可能です。

ロボットシステムのモジュールデザインにより、所望の試験を効率良く再現性高く行う事が出来ます。モジュール化されたコンポーネントを利用したカスタマイゼーションも行っています。。

全自動機のアドバンテージ

ツビックローエルは実に幅広い自動試験システムを提供しており、全ての試験アプリケーションにお応えいたします。

  • ツビックローエルの自動試験システムでは同時平行的に複数の試験片を処理しているため、一時代前のソフトウェア技術とは異なる、 よりスピードのある試験 を実現しました。
  • システムステータスをビジュアル化しリアルタイム でiPadなどに通知する機能も提供しています。
  • オペレーターの試験への関わりを減らすことで試験結果の 高い再現性 を実現しています。
  • ラボのスタッフ等がルーティーンの作業から 解放され より創造的なジョブ.に集中出来ます。
  • 24時間の監視がいないオペレーションにより 試験ラボのより高い効率性 が実現出来ます。
  • ロボットによる自動試験システムの最大の目的は:試験クオリティーの向上、生産性の向上、そしてフレキシビリティーの維持です。

    全自動試験システムでの手動試験

    全自動試験システムで オペレーターによる手動試験 標準で可能となっています。

    手動試験を行う場合は、ロボットを安全な場所へ移動して行うか、試験機との接続を遮断して行います。オペレーターは手動で試験片をチャックしtestXpert のスクリーン上から試験を開始します。

    全自動試験システムのプロジェクトの例

    Top