ページコンテンツへ

引張試験

引張試験 は、試験片は破断まで行われます。適用されるひずみ速度は、試験結果がゆがめられないようにするため、低くなければなりません。引張試験中に、試験片の力と伸びが測定されます。

硬さ 測定に次いで、 引張試験 機械的材料試験の中で最も頻繁に行われる試験の一つです。引張試験は、引張荷重下での強度と変形挙動を特徴付けるために実施されます。

材料に応じて、引張試験は、降伏強さ引張強さ、破断時のひずみおよび他の材料特性の測定のためのそれぞれの規格に従って標準的な方法で行われます。 

引張試験 – 目的と意味

引張試験 は行われるのは

  • 断面全体に均一に分布した一軸引張荷重下での材料挙動を決定するために機械加工された薄い試験片に対して、
  • 多軸応力状態のシミュレーション用のノッチ付き試験片に対して—ノッチ引張り試験
  • ワイヤー、ヤーン、フィルム、ロープ、成形品、コンポーネント、コンポーネントアセンブリなどの製品 - これらは以降、

 試験片と呼びます。 

引張試験では、材料の挙動が求められます

  • 継続的(スムース)な負荷増加の下で – クラシックな準静的引張試験
  • 一定の静止(静的)負荷の下で – 静的引張試験
  • 繰返し応力ひずみ曲線を決定するための繰返し負荷の下で – LCF(低サイクル疲労)
  • 常温で (10 to 35 °C)
  • 上昇温度下で(1000 ℃をはるかに超えて)
  • 低温下で (-269℃まで)
  • 非常に低い試験スピードで – クリープ試験、あるいは
  • 加速する試験スピードで - 高速引張 

試験

引張試験で決定される特性値

  • 静的に負荷されたコンポーネントや構造の計算寸法付けの基礎となります
  • 材料のプロセス時の挙動の特性評価に必要とされます
  • 生産の均一性を決定するための品質管理に使用されます
  • 材料と材料条件の比較のための材料選別に使用されます

荷重の時間的進行による引張試験の差異

一般に、静的、準静的、繰返しおよび衝撃荷重によって引張試験は区別されます。

通常、材料が非アクティブな一定の荷重を受ける場合、荷重は静的であると見なされます。従来からの引張試験では、荷重を漸次増加させ、スムーズに負荷を加えていきます(準静的)。準静的試験方法の上限は、約10-1秒-1の変形速度にあるため、最大の増加(たとえば、ひずみの増加)は、毎秒0.1%を超えることはできません。

試験材料による引張試験の区別

引張試験は、材料試験の規格ベースの方法であり、材料/業界によって試験要件が異なってきます。 

当社の業界エキスパートはこれらの試験要件を熟知し、お客様の個々の試験のニーズに合わせてシステムの構成をお手伝いいたします。

次のリストで、様々な業界における引張試験の具体的な例を紹介しています。. 

引張試験 ISO 6892-1

金属引張試験の内容、ISO 6892及びASTM E8。
行先 引張試験 ISO 6892-1

引張試験

ISO 527 -1, ISO 527 -2, ASTM D638
プラスチック成形コンパウンドの引張試験:ISO 527-1/-2 及び ASTM D638:引張応力、ひずみ、引張弾性率、降伏点、破断点、ポアソン比の測定が試験と必要な製品ポートフォリオの目的です。
行先 引張試験

引張特性

ISO 527-3, ASTM D882, ASTM D5323
ISO 527-3の規格に準拠したフィルムとシートの引張特性の決定
行先 引張特性

引張特性/引き裂き強度

ISO 1798 and ISO 8067
ISO 1798 、ISO 8067、および工場規格の軟質フォームの試験
行先 引張特性/引き裂き強度

引張特性

ISO 6259
機械的プロセスによってパイプ壁から採取された試験片は、引張試験に使用されます。
行先 引張特性

引張試験

単一フィラメント、フィラメントストランド、一方向および多方向ラミネート、およびボルト付きラミネートのノッチ引張試験および引張試験。
行先 引張試験

ウエット引張り試験

ISO 3781, TAPPI T 456
DIN EN ISO 3781、TAPPI T 456に準拠した紙(あるいはティッシュ)の濡れた状態での引張強さ
行先 ウエット引張り試験

ドライ引張試験

DIN EN ISO 1924-2 または TAPPI T 494DIN - 裂き強度と引裂き長さの決定
行先 ドライ引張試験

ウエット引張り試験

ISO 12625-5
DIN EN ISO ENISOTAPPI 12625 -5に準拠したティッシュ(あるいは紙)の濡れた状態での強さ
行先 ウエット引張り試験

ドライ引張試験

ISO 12625-4
引裂き強度と引裂き長さを決定するDIN EN ISO 12625 -4のドライ引張試験
行先 ドライ引張試験

引張試験用試験機

その他の試験

疲労試験

疲労試験は、ある周波数で繰返し荷重をかけ、材料を疲れさせる試験です。
行先 疲労試験

硬さ試験

”硬度試験、は、別の(より硬い)ボディによる押込みに対するボディの抵抗です”
行先 硬さ試験

衝撃試験

衝撃試験は、短時間の試験であり、材料または部品の破壊挙動を示します。
行先 衝撃試験

落重試験機

落重試験機はある決められた高さからウエイトを試験片に落下させる機械的な試験です。
行先 落重試験機

2軸試験

2軸試験-一軸試験と比べて-試験片は2つの軸力から負荷されます。
行先 2軸試験

シートメタル成形性試験メソッド

シートメタル成形の試験方法では、金属加工および金属加工の特性値が測定され、カッピング試験、イアリング試験、穴拡げ試験などの各種試験が含まれます。
行先 シートメタル成形性試験メソッド
Top