ページコンテンツへ

DIN EN ISO 10555 カテーテル張試験

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

DIN EN ISO 10555 ツビックローエル

  • DIN EN ISO 10555に準拠したカテーテルチューブシステムの挿入、接続力を測定するためには、それぞれのコネクターは破断まで引張り荷重を加えます。このため、様々なコネクティング径が必要となります。
  • 8050セルフアラインググリップはセルフロッキングディスクが採用され様々なコネクターに対応するために多くの種類の開口幅に対応しています。
  • 1kNまでの最大引張荷重に対応した空圧グリップがカテーテルの反対サイドのグリッピングに使われています。グリップはフットペダルで閉めることができ、両手を試験片セッティングのためにフリーにしておけます。締付力は空圧コントロールユニットでステップレスでセットでき、本体がコンパクトなために試験機の試験エリアを有効に使用出来ます。
  • 加えて、ツビックローエルは試験アプリケーションに応じて様々なチャック歯を提供しています。

試験装置のアドバンテージと特徴:

  • ディスクロック構造の採用により試験に応じてツール無しで交換可能。
  • グリップの高さも十分にとってあり大きな試験片にも対応(例:注射器の針の引き抜き試験等)。
  • タイプ8050グリップはツビックローエルの標準コネクターでどのツビックマシーンでも使用可能
  • 試験に応じて容易に回転ディスクを付け加える事も可能。

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

DIN EN ISO 10555に関連する製品

FDA 21 CFR Part 11に適ったトレーサビリティー、改ざん防止の試験結果

トレーサブルで改ざんされていない試験結果
  • ソフトウェアには医薬品業界で近年重要の高まりを見せるドキュメンテーションのトレーサビリティーの機能が盛り込まれています。
  • トレーサビリティーオプションでは、testXpert III は全てのアクション、試験前、試験中、試験後の変更、をログデータとして残し、試験結果やドキュメンテーションをトレーサブルにしていますので、改ざんなどの行為から全てを保護します。
  • 電子記録や電子署名などの機能を備えたユーザーマネージメントは試験結果の改ざんを防止します。
  • 個々のお客様の企業内部における徹底したプロセス管理とあいまって、このソフトウェア機能はFDAの21CFRパート11の要求を全て満たしたツールとして活用いただけます。
  • ツビックローエルはさらにバリデーションの一環である(DQ/IQ/OQ)のサービスパッケージも提供しています。
  • testXpert III はすべての試験、アクション、設定のデータログを記録、したがっていつでも質問には答えることが出来ます、”いつ、だれが、何を、なぜ、そして誰の責任で?” 

testXpert IIIオプション
トレーサビリティに関してもっと詳しく

Top