ページコンテンツへ

材料試験

非破壊および破壊材料試験では、破壊または特定の変形までの材料の機械的負荷を調べます。試験は異なる環境条件下でも行われます。

材料特性値により、材料特性の明確な定義を提供し、材料間の比較が可能になります。

材料試験は研究機関で行われるだけでなく、企業が新製品の開発や既存製品の改善に関する貴重な知見を得るのにも役立ちます。 

試験方法

材料試験では実に様々な試験方法が実施されます:

  • (準) 静的試験あるいは静的材料試験 では、試験片への負荷は比較的ゆっくりあるいは一定となります。静的材料試験では、主に引張り、圧縮、およびたわみ、ならびにせん断またはねじれにさらされる試験片およびコンポーネントの強度および変形挙動を決定します。動的材料試験と比較した場合、静的材料試験はより低い試験速度で実行されます。 
  • 動的試験の場合、試験片は衝撃荷重にさらされるか、荷重が長期間にわたって試験片に周期的に負荷されます。動的材料試験とは、早い動きで(動的に)行われる材料またはコンポーネントの(破壊的)試験を指します。例としては、振り子衝撃試験機、落重試験機、高速試験(パンクチャ―試験または高速引張試験)があります。
  • 繰返し材料試験/疲労試験: 繰返し材料試験では、試験片への荷重は連続的に繰り返される荷重サイクルで行われます。マシーンタイプにより、これらの負荷サイクルは、引張/圧縮、正弦波状、三角波などの繰返し周期の形で実施されます。

破壊材料試験

破壊材料試験では、試験片が材料から切り出されされ、機械的負荷または化学的負荷が試験されます。試験片は破断するか変質(表面)します。試験後は、その試験済みのコンポーネントや材料を使うことは出来ません。

材料の疲労は非常に高いリスク要因となるため、破壊材料試験は、特に自動車産業や航空宇宙工学において重要な役割を果たします。しかしながら、材料およびコンポーネントの試験は、医療工学においても不可欠になっています。

ほとんどの試験では試験片は破壊までいたります:

非破壊材料試験

非破壊材料試験では、試験片を破壊することなく、その品質を試験します。この方法では、材料の品質がその後の処理に十分に高く、長期にわたって負荷に確実に耐えることができることが保証されます。

非破壊試験方法には以下が含まれます:

材料試験機のパーツとコンポーネント

基本的にすべての材料試験機には互換性のある部品とコンポーネントが使用されています。全ての種類のコンポーネントが全てのフレームに使用されています:

ツビックローエル - 皆様の業種の材料試験のエキスパート

材料試験には、さまざまな試験方法が含まれており、機械的、熱的、または化学的負荷のもとでの標準試験片材料または完成部品およびコンポーネントの挙動と材料特性(部品試験)が決定されます。試験方法や要求事項は業界、産業毎に様々です。

当社のマシーンは、20を超える業界の研究開発および品質保証に使用されています。当社の専門家は、さまざまな業界毎の試験を詳細に理解し、それに応じた最先端の試験ソリューションで様々なニーズに対応します。

静的材料試験向け製品

ツビックローエルグループは引張、圧縮、曲げ、せん断そして捻り試験の静的な試験分野では世界的なリーディングサプライヤーです。

我々の提供する試験機は あらゆる産業の試験アプリケーション, その試験が 品質管理 でも 研究開発の分野でも, 材料及び部材の評価試験では圧倒的なパフォーマンスとクオリティーを提供しています。 

静的材料試験向け製品

何十年にもわたりツビックローエルグループは動的試験材料試験にソリューション、を提供してきています。ツビックのエキスパート集団はお客様と一体となってすべての産業の試験に完璧なソリューションをお約束いたします。

Top