ページコンテンツへ

ASTM F382及びISO 9585 金属ボーンプレートと固定装置の曲げ試験(骨接合プレート)

骨接合インプラントは、骨同士の安定した固定をサポートします—ボーンプレートの試験。

医療業界では、骨板および固定装置は、複雑な骨折の治療に使用されるため、決まった規格等で定義されている多くの基本的な要件を満たしていなければなりません。

ボーンプレートおよび固定装置向けのツビックローエルの試験冶具は、品質管理または研究開発目的のため、ASTM F382及びISO 9585に準拠した試験を最大限サポートします。ボーンプレートの静的および動的強度は、3点および4点曲げ実施して測定され、曲げ試験冶具は、2つの固定され平行に配置されたアンビルで構成されています。同様の試験アレンジでボーンピンをASTM1264に沿った試験することも可能です。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

ツビックローエルのボーンプレート向け試験冶具のベネフィット

  • 使い勝手に優れ、ASTM F382の要件を完全に満たしています - 金属製のボーンプレートと固定装置およびISO 9585の曲げ強度の測定
  • 上下のアンビル直径を簡単に調整できる万能試験冶具; 試験片毎の固有のアンビルも使用可
  • 準静的および繰返し圧縮荷重用に設計されています
  • 骨接合部試験片のたわみを直接測定するための変位トランスデューサー付きメソッドにも対応

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

ASTM F382及びISO 9585に関連する製品

Top