ページコンテンツへ

バイオメカニックと整形外科

バイオメカニックには筋肉や骨の機能、構造や生物の動きなどが含まれます。整形外科分野には傷病の診断や治療、怪我、異常性、筋骨システムの機能障害などが含まれます。試験されるプロダクトには、フィジカルな機能のサポートや代替となる外科的なインプラントやプロテーゼなどが含まれます。

名前 タイプ サイズ ダウンロード
  • 業種別パンフレット:医療 PDF 6 MB

バイオメカニックと整形外科における重要な試験

股関節インプラント

ISO 7206-4, ISO 7206-6, ISO 7206-8及びASTM F2068
ツビックローエルの試験冶具は、股関節のプロテーゼの疲労試験を、ISO 7206、ASTM F2068に準拠して行う事が出来ます。
行先 股関節インプラント

大腿骨頭ねじり試験

ISO 7206-9, ISO 7206-13
人工大腿骨ジョイントは圧縮及び捻り荷重両方への耐性がなければなりません。最適な材料と合金を決定するために、これらは特別な試験機で試験されます。
行先 大腿骨頭ねじり試験

脊椎インプラント

ISO 12189-8, ASTM F1717及びASTM F2706
軸方向の引張試験、圧縮試験および曲げ試験に加えて、ASTM F1717-9, ASTM F2706-8 または ISO 12189-08 を含む規格に準拠して、純粋なねじり荷重または複合ねじり荷重を脊椎システムに加えることができます。
行先 脊椎インプラント

椎体間固定装置

ASTM F2077及びASTM F2267
ツビックローエルはASTM F2077 及び ISO F2267に準拠した椎体間固定装置の試験に正しい試験システムを提供しています
行先 椎体間固定装置

膝インプラント

ASTM F1800及びISO 14879
ASTM F1800およびISO 14879に準拠した人工膝関節の脛骨プラトーの疲労試験。
行先 膝インプラント

ボーンプレート

ASTM F382及びISO 9585
ASTM F382及びISO 9585に準拠した金属ボーンプレートと固定装置の曲げ試験(骨接合プレート)
行先 ボーンプレート

ボーンスクリュー

ASTM F543及びISO 6475
ツビックローエルはASTM F543 及び ISO 6475に準拠した骨スクリューの試験に正しい試験システムを提供しています。
行先 ボーンスクリュー

お客様のあらゆる試験要求に最適な試験ソリューョンを探して見つけます。

私たちの業界エキスパートへご連絡お待ちしています。

皆様のニーズを話し合うことを楽しみにしております。

 

ご連絡お待ちしております

Top